주요 기사 바로가기

<サッカー>ヒディンク監督「韓国で引退したい」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2017.09.15 15:07
0
2002韓日ワールドカップ(W杯)4強神話の主人公フース・ヒディンク監督(81、オランダ)が、2018ロシアW杯本大会でサッカー韓国代表を率いることに前向きな立場を表した。

ヒディンク監督は14日、オランダ・アムステルダムで韓国取材陣を対象に懇談会を開き、「韓国国民が私を望んで必要とする場合、いかなる形であれ韓国サッカーに寄与する用意がある」と述べた。ヒディンク監督の発言は、大韓サッカー協会から話があれば代表監督を引き受ける考えがあることを明らかにしたものと解釈される。

ヒディンク監督は「6月に韓国代表が厳しい状況を迎えているという話を聞き、サッカー協会に『監督であれ顧問であれ韓国代表チームのために奉仕したい。年俸は重要でない』という意思をマネージャーを通じて伝えた」と明らかにした。

これに関し、ヒディンク監督の国内マネジメントを総括するフース・ヒディンク財団のノ・ジェホ事務総長は「6月中旬に金鎬坤(キム・ホゴン)技術委員長にヒディンク監督の意思を正確に伝えた」とし「サッカー協会技術委員会が最終予選の残り2試合を責任を負う臨時監督をまず決め、代表チームがW杯本大会進出を決定した後、(ヒディンク監督を)正式選任するかどうかを決めるという案を提案した」と説明した。これに対し金委員長は「本大会進出が決まってからもう一度話そう」と即答を避けたことが分かった。

6月中旬は、サッカー協会が成績不振を理由にシュティーリケ前監督(62、ドイツ)を更迭した後、後任者を探していた時期だ。申台龍(シン・テヨン)現監督(47)の就任前でもある。金委員長は「ヒディンク監督の代表チーム赴任に関連し、直接的にも間接的にも話を交わしたことは全くない」と明らかにした。今後、真実攻防が避けられないとみられる部分だ。

ヒディンク監督は「さまざまな状況からみて、代表監督を引き受けても2002W杯の栄光を再現するのは難しいと思う」と率直に語った。2002年当時のような破格的な支援システムと長期合宿など代表チーム関連の「特恵」を期待するのは難しいという点を認めた発言だ。にもかかわらず韓国代表を支援しようと決心した理由について、ヒディンク監督は「2002年の美しく価値のある記憶を忘れることができないため」と説明した。また「2002以降、いつも韓国で指導者としての経歴を終えたいと考えてきたのも同じ理由」と語った。

サッカー協会がロシアW杯本大会での韓国代表の指揮官に申台龍監督を選任したことについて、ヒディンク監督は「決定を尊重する」と述べ、申監督と競争する姿は望まないという考えを明確にした。

◆ネットユーザーがヒディンク監督再選任請願運動

ヒディンク監督が韓国代表監督に対する意思を表した中、「2002年」を記憶するサッカーファンと「原則」を強調するサッカー協会の葛藤が深まる見通しだ。サッカー協会の関係者は「申台龍監督とロシアW杯本大会まで契約した。申監督との約束を尊重するという立場に変わりはない」とし「ヒディンク監督の好意には感謝するが、いかなる交渉も進める計画はない」と強調した。

一方、サッカーファンは青瓦台(チョンワデ、大統領府)ウェブサイトで「ヒディンク監督再選任」請願運動まで進めるなど、積極的に指揮官の交代を要求している。

パク・ムンソンSBS(ソウル放送)サッカー解説委員は「ロシアW杯本大会に向けた重要な試験舞台となる10月のAマッチ2連戦(7日のロシア戦、10日のチュニジア戦)を控え、監督交代論争は代表チームの雰囲気に悪材料として作用するおそれがある」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <サッカー>ヒディンク監督「韓国で引退したい」

    2017.09.15 15:07
    뉴스 메뉴 보기
    フース・ヒディンク監督
    TOP