주요 기사 바로가기

文大統領「現状況で北との対話は不可能…挑発すれば再起不能にする力ある」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2017.09.15 14:24
0
文在寅(ムン・ジェイン)大統領が15日、「このような状況では(北との)対話も不可能だ」とし「北が誠実に対話の道に出てくるしかないよう、国際社会の制裁と圧力がさらに強まっていくだろう」と述べた。「北が我々と同盟国に向かって挑発する場合、我々には早期に粉砕して(北を)再起不能にする力がある」とも話した。

文大統領はこの日、北朝鮮の弾道ミサイル挑発(午前6時58分)から約1時間後の8時から国家安全保障会議(NSC)全体会議を主宰し、「北の持続的な挑発は韓半島(朝鮮半島)と国際社会の平和と安定に重大な脅威であり、これを厳重に糾弾して憤怒する」と述べた後、このように明らかにした。

文大統領は「さらに他国(日本)の上空を横切ってミサイルを飛ばす危険な行動はそれ自体が国際規範を無視した重大な挑発行為であり、当然非難されなければいけない」とし「北が無謀な挑発を続けて頻度と強度を高めるほど、外交的孤立と経済的圧力による没落の道に入っているということを明確に知るべきだ」と強調した。

韓国軍当局は4日、北朝鮮の6回目の核実験挑発に対応し、ミサイル発射訓練で北朝鮮に対する武力示威を行った。合同参謀本部はこの日、「わが軍は今朝、夜明けと同時に空軍および陸軍のミサイル合同射撃訓練を実施した」と明らかにした。

文大統領は「北の挑発を絶対に座視せず、国際社会と力を合わせ、北の行動を変化させるよう断固かつ実効的な対応措置を講じていく」とし「韓米間で合意したミサイル指針改定を迅速に終え、我々の抑止戦力を早期に強化する一方、北の脅威を実質的に抑止できるさまざまな措置を準備してほしい」と伝えた。外交部にも「北が核ミサイル計画を最終的に放棄するよう国際社会とともに可能なあらゆる方法を講じてほしい」と要求した。

文大統領は北朝鮮のミサイル挑発の前日の14日午前6時45分に把握された北朝鮮のミサイル挑発の可能性について鄭義溶(チョン・ウィヨン)青瓦台(チョンワデ、大統領府)国家安保室長から事前報告を受け、北朝鮮が実際の挑発する場合は「玄武2」ミサイルを即刻対応警告射撃することを事前裁可した。

青瓦台の関係者は「即刻対応射撃の事前裁可があったため、北が平壌(ピョンヤン)順安(スンアン)空港でこの日午前6時58分にミサイルを発見した直後の7時4分に玄武2の発射が行われた」とし「(6分の時差は)事前裁可があったが、文大統領に再承認を受ける手続きを踏んだ。この日も2回の事前報告と3回の事後報告があった」と説明した。この関係者は特に「(玄武2の)発射距離は挑発の原点である平壌順安空港までの距離を正確に計算したものだ」と強調した。

文大統領はこの日、北朝鮮の核・ミサイル挑発のほかにも「北が最近主張したEMP(電磁パルス)弾や生物化学兵器など新たな類型の脅威に対しても綿密に分析し、対応態勢を整えるべき」と指示した。これについて青瓦台関係者は「北の核・ミサイルに集中しているが、北はさまざまな脅威体系を持つため、文大統領がそのような部分まで対応態勢を備えるよう指示した」とし「今後、全体(防衛態勢)を点検して実務的なことが進行するだろう」と説明した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    文大統領「現状況で北との対話は不可能…挑発すれば再起不能にする力ある」

    2017.09.15 14:24
    뉴스 메뉴 보기
    文在寅大統領が15日午前8時、青瓦台でNSC全体会議を主宰した。文大統領は北朝鮮がミサイル挑発をした前日の14日午前、挑発の兆候を事前に把握し、「玄武2」ミサイルを即刻対応発射することを事前に裁可した。(写真提供=青瓦台)
    TOP