주요 기사 바로가기

「韓国、労働人口減少で2050年にはGDP10位圏外に」

ⓒ 中央日報日本語版2017.09.11 14:57
0
2050年には韓国の労働人口が減少し、GDP(国内総生産)世界10位圏から外れるという予想が出ている。

世界経済研究院が11日に「世界経済成長展望と技術の役割」というテーマで開いた講演会で、エコノミスト・インテリジェンス・ユニットのチーフエコノミスト、サイモン・バプティスト氏は「2050年には韓国・イタリア、カナダがGDP基準で10位圏外になるだろう」と予想した。バプティスト氏は「現在、米国と中国が世界2大経済大国だが、2050年にはインドの人口が急速に増え、世界3大経済圏を形成するとみられる」と診断した。

一方、「韓国は最近まで3.5%-4%台の成長率だったが、2030年までは年2%台に、2050年までは1%台の成長になるだろう」という見方を示した。インドは人口の増加と同時に生産性が高い都市への移住が続くが、韓国は労働人口が減りこうした期待をするのが難しいからだ。

これに対する解決法としてバプティスト氏は「韓国は相対的に低い女性の労働参加率を高め、移民を受け入れるのがよい」とし「引退年齢を遅らせ、障害者など疎外層の労働参加率を高めることも考える必要がある」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP