주요 기사 바로가기

【コラム】北ミサイルの2つの顔…恐るべき威力と致命的弱点(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2017.09.01 11:10
0
北朝鮮が短距離弾道ミサイルと共に日本列島を通過した中距離弾道ミサイル(IRBM)の火星12型を発射し、再び脅威が高まっている。北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)労働党委員長は今後、太平洋を目標にミサイルを継続的に発射すると明らかにした。徐々に現実化している北朝鮮ミサイルの多次元的な威嚇とその対応策を調べてみる。元合同参謀本部作戦本部長のシン・ウォンシク予備役中将(陸軍士官学校37期)と分析した。

北朝鮮は1970年代末から独自の弾道ミサイル開発に着手し、ほぼ40年かけてミサイル戦力の完成段階に入った。北朝鮮が打撃目標とするあらゆる標的に命中させることができる水準になった。米国本土を狙う大陸間弾道ミサイル(ICBM)の実戦化も時間の問題だ。ソ連製のスカッドBをベースに北朝鮮の思いのままに多様な標的を攻撃できるミサイルを製作できる水準に達したのだ。標的の対象には韓国軍と韓国国民、駐日米軍基地、沖縄、グアム、ハワイ、米国本土、韓半島(朝鮮半島)周辺に進入する米国の航空母艦などが全て含まれる。

その筆頭は「毒蛇(KN-02)」と呼ばれる射程距離140キロメートルの短距離弾道ミサイルだ。固体燃料の燃焼で推進力を得るこのミサイルは常に待機状態にある。短い準備時間で休戦ライン近隣から平沢(ピョンテク)と烏山(オサン)米軍基地を攻撃することができる。このミサイルに化学弾を装着すれば駐韓米軍の被害は更に深刻なものになるだろう。駐韓米軍にはこのミサイルの攻撃に備えていくつかのパトリオット砲台を配備されている。先月26日に北朝鮮が東海(トンへ、日本名・日本海)に発射した3発の新しい短距離ミサイルもこの範疇に属する。このミサイルは200キロメートル以上飛翔した。専門家らはこのミサイルは液体燃料を使う既存のスカッドBを固体燃料に交替した改良型だと推定している。その場合、北朝鮮の短距離弾道ミサイルの脅威レベルが大きく上がる。液体燃料は注入に数時間かかるが、固体燃料はそのような必要がないためだ。

北朝鮮が最も多く(400発以上)持つスカッドB(340キロメートル)とC(700キロメートル)は韓国全域を打撃対象に含む。このミサイルは、ソウルはもちろん大邱(テグ)や釜山(プサン)、陸・海・空軍本部がある鶏龍台(ケリョンデ)などを同時多発で打撃するものと軍当局は判断している。韓国にとっては最も大きな負担となる。北朝鮮は戦争開始初日だけでこのミサイルを約50~100発撃つものと予想される。問題はこのミサイルが固体燃料に転換されれば韓国軍が構築中のキル・チェーン(Kill Chain)に決定的打撃を与える。北朝鮮がミサイルを発射する前に除去する計画のキル・チェーンは探知(1分)-分析(1分)-決断(3分)-打撃(25分)の30分サイクルで行われる。しかし、液体燃料を使うスカッド・ミサイルが固体燃料に変わればキル・チェーンがそこまで作動する前に発射して逃げることができる。攻撃して即時に守りに入る作戦が可能になる。その上、命中誤差が大きいスカッド・ミサイルの誘導装置の改善が終われば韓国の重要標的に対する精巧な打撃も可能になる。
【コラム】北ミサイルの2つの顔…恐るべき威力と致命的弱点(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP