주요 기사 바로가기

<W杯サッカー>包帯を巻いた腕、危機の韓国代表に闘魂を呼び起こせ

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2017.08.30 13:11
0
1/4
右手に包帯を巻いて練習に参加する孫興民(ソン・フンミン)。李林生(イ・イムセン)、黄善洪(ファン・ソンホン)、崔真チョル(チェ・ジンチョル)など先輩の代表選手が見せた「包帯闘魂」を誓う。
闘魂。2006年から10年間、サッカー韓国代表のユニホームに刻まれている言葉だ。勝利のために体を張る太極戦士の闘魂は韓国サッカーの象徴だった。いま韓国代表の「エース」孫興民(ソン・フンミン、24、トッテナム)が闘魂を見せる時がきた。31日午後9時からソウルワールドカップ(W杯)競技場で行われる2018ロシアW杯アジア最終予選A組第9戦(JTBC生中継)のイラン戦でだ。

A組2位の韓国(4勝3敗1分け、勝ち点13)は本大会進出をすでに決めたイラン(6勝2分け、勝ち点20)に必ず勝たなければいけない。韓国がドローまたは敗れる状況で、同じ時刻に中国と対戦する3位のウズベキスタン(4勝4敗、勝ち点12)が勝つ場合、韓国とウズベキスタンは順位が入れ替わる。この場合、韓国は9月5日夜12時のW杯最終予選第10戦でウズベキスタンに必ず勝たなければいけないという負担を抱える。アジアでは最終予選A・B組の1・2位がW杯本大会に直行し、3位同士がプレーオフ(PO)を行う。孫興民は「(チームは)非常に重要な状況にある。責任感を感じる。もうトラウマを払い落とす時」と意欲を見せた。

孫興民は現在、右腕に包帯を巻いた状態だ。28日に代表チームに合流した後、最初の練習でも包帯を取ることができなかった。プレミアリーグ開幕後3試合は包帯を巻いてプレーした。もちろんイラン戦でも「包帯闘魂」を発揮するしかない。孫興民が腕をけがしたのは6月14日のW杯最終予選第8戦、カタール戦(アウェー)だった。前半30分、空中のボールを競り合って着地した際、右腕を痛めた。その後、前腕橈骨の骨折と診断され、手術を受けた。当初は全治12週間と診断されたが、ソウルとロンドンを行き来しながらリハビリに専念した結果、7週後の今月3日、所属チームの練習に合流した。プレミアリーグ第1・2節には後半に交代投入された。そして27日の第3節バーンリー戦には先発出場し、70分間プレーした。孫興民は「走る練習はかなりしているので体力的には問題がない。いつでも90分間フルタイムをプレーできる」と決戦の意志を表した。

実戦を消化できるほど回復したが万全ではない。元大韓サッカー協会医務分科委員のウン・スンピョ・コリア整形外科院長は「補助器具は競技中に着用できず、一般包帯だけが認められる。手術を受けた選手は包帯が心理的な不安感を減らすの役立つ可能性がある」とし「リハビリに専念してきたため大きな問題はないが、けがに対するトラウマが残っている場合はプレーが委縮するかもしれない」と説明した。プレミアリーグ3試合で独特の力強い突破が出ていないのもこのためだ。相手DFとの競り合いも避けた。ウン・スンピョ院長は「腕と足の動きがよく合ってこそ速いプレーが生きる。また不安感を克服しなければいけない」と助言した。

韓国はW杯本大会で何度か「包帯闘魂」を発揮している。包帯で止血して闘魂を見せ、その姿はチームメートの闘魂を呼び起した。1998フランスW杯のベルギー戦の李林生(イ・イムセン)、2002韓日W杯の米国戦の黄善洪(ファン・ソンホン)、2006ドイツW杯のスイス戦の崔真チョル(チェ・ジンチョル)は頭に包帯を巻いてプレーした。

2002年と2006年にチームメートの包帯闘魂を見ながら一緒にプレーした李天秀(イ・チョンス)JTBC解説委員は「血を流しながら頑張る先輩たちの姿は刺激になった。包帯を巻きながら最善を尽くす孫興民の姿はチームメートにプラスの影響を与えるだろう」と話した。アジアサッカー連盟(AFC)は29日、最終予選第9・10戦の注目すべき選手に孫興民を挙げ、「常に中枢的な存在。注目をひくテクニックで力を発揮するだろう」と予想した。

韓国がイランと対戦する時間、ウズベキスタンはA組最下位の中国(1勝4敗3分け、勝ち点6)と激突する。韓国は中国の善戦を期待しなければいけない状況だ。もし韓国と中国がともに勝利する場合、残りの第10戦の結果に関係なく、韓国の9大会連続W杯本大会進出が決まる。いわゆる「ドーハの奇跡」と呼ばれる1994米国W杯アジア最終予選当時も、韓国は他国の試合結果でW杯本大会行きが決まった。当時(1993年10月)北朝鮮に3-0で勝った韓国は、イラクが後半終了間際の同点ゴールで日本と2-2の引き分けに持ち込んだおかげで得失点差で日本を上回り、本大会のチケットをつかんだ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP