주요 기사 바로가기

「北、東海に弾道ミサイル発射…飛行距離は約2700キロメートル」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2017.08.29 07:43
0
韓国軍合同参謀本部は29日、「北朝鮮が午前5時57分ごろ、平壌市順安(ピョンヤンシ・スナン)一帯から東海(トンへ、日本名・日本海)方向に弾道ミサイルを発射し、日本上空を通過した」と発表した。

合同参謀本部は「飛行距離は約2700キロメートル、最大高度は約550キロメートルと判断した」とし「追加情報については、現在、韓米当局で共同で詳しく分析している」と付け加えた。

続いて「韓国軍は北朝鮮軍の追加挑発に備えて監視および警戒を強化する中で、関連する動向を追跡しながら万全の態勢を維持している」と伝えた。

北朝鮮の今回のミサイル発射は、今月26日に江原道旗対嶺(カンウォンド・キッテリョン)一帯から東海に向けて弾道ミサイルを発射してから3日ぶりだ。

北朝鮮のミサイル発射に関してはさまざまな解釈が出されている。北朝鮮が今月9日に公言した「グアム包囲射撃」威嚇に関連した実際の射程距離を誇示するものとして、国連安全保障理事会の厳しい制裁をはじめとする国際社会に対し圧迫の意図が含まれている可能性がある。

また、21日から実施されている韓米合同軍事演習「乙支(ウルチ)フリーダムガーディアン(UFG)」に対する反発ではないかともみられている。

一方日本政府は、北朝鮮がこの日午前に発射したミサイルが日本上空を通過して北海道の東側に落下したと伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP