주요 기사 바로가기

習近平主席「韓中が異見を妥当に処理し…」 国交25周年祝電(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2017.08.25 10:01
0
韓国と中国は24日、国交正常化25周年を別々に記念する「半分の祝賀行事」を開いた。高高度防衛ミサイル(THAAD)配備問題が招いた風景だ。しかし両国はともに「THAAD」という言葉を口にせず、関係改善への望みを表した。

この日午後、ソウルウェスティン朝鮮ホテルで駐韓中国大使館が主催したレセプションで、邱国洪駐韓中国大使は「韓半島(朝鮮半島)の平和が崩れれば両国ともに被害者となる」とし「韓中両国が韓半島の緊張にブレーキをかけ、対話と平和にさらに大きなエネルギーを与えなければいけない」と述べた。文在寅(ムン・ジェイン)政権の対北朝鮮基調と軌を一にする主張だった。邱大使は「誰もが知る理由ために(韓中関係が)難しい状況に直面しているのは事実」という表現でTHAADを示唆し、「相互利益尊重」を強調した。

この日ロシアに出国した康京和(カン・ギョンファ)外交部長官の代わりに行事に出席した林聖男(イム・ソンナム)外交部第1次官も祝辞でTHAADという言葉を使わず、「最近、韓中両国の間に懸案があるのは事実」とし「重要なのは両国がお互い緊密に疎通し、これを解決することだ」と述べた。

丁世均(チョン・セギュン)国会議長は「見月忘指という言葉がある。現象を見る時は本質を見抜くべきという意味」とし「すべての主権国家は外部の脅威に対して自衛的措置を取る権利があるという点をよく知っている。原因が消えれば自然にその措置も消えるはず」と強調した。

双方の祝辞は慎重だったが、レセプションの風景は急転直下した韓中関係の現状を見せた。国交正常化20周年だった2012年には当時の金星煥(キム・ソンファン)外交通商部長官が出席して祝辞を述べた。しかしこの日は康長官が出張で出席せず、韓国からは丁世均(チョン・セギュン)国会議長と鄭義溶(チョン・ウィヨン)青瓦台(チョンワデ、大統領府)国家安保室長らが出席した。また李洪九(イ・ホング)元首相、文正仁(ムン・ジョンイン)大統領統一・外交・安保特別補佐官、権寧世(クォン・ヨンセ)元駐中大使らもいた。

中国側の出席者はほとんど大使館の関係者だった。目を引いたのは中国の平和アーティスト、ハンメイリン作家夫妻が姿を現したことくらいだ。国交正常化20周年では約1000人を招待したが、この日の行事には約400人を招待した。

この日、北京チャイナワールドホテルで在中韓国大使館の主催で開かれた記念式には両国から約900人が出席した。中国側の主賓は万鋼人民政治協商会議(政協)副主席をはじめ、孔鉉佑外務次官補兼韓半島事務特別代表、王亜軍中央連絡部部長補佐らだった。

金章洙(キム・ジャンス)駐中大使は祝辞で「『後漢書』に強い風が吹いてこそ強い草が分かるという『疾風勁草』という言葉があるように、両国関係は揺れてもならず揺れることもないだろう」と述べた。

万鋼副主席は「国交正常化から25年間、両国は各国の事情と地域情勢で大きな変化を経験したが、お互い引っ越しすることができない隣国、困難な時に助けるパートナーという事実に変わりはない」と強調した。
習近平主席「韓中が異見を妥当に処理し…」 国交25周年祝電(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP