주요 기사 바로가기

北朝鮮戦略軍、3年前に移動式発射台100台・ミサイル800発保有

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2017.08.15 15:57
0
弾道ミサイルを運用する北朝鮮の「戦略軍」が2014年の創設当時、3個旅団で編成され、移動式発射台(TEL)約100台、ミサイル約800発を保有していると軍当局が判断していたことが分かった。

中央日報が入手した軍と情報当局の2014年の非公開北核評価会議資料によると、北朝鮮の戦略軍には▼スカッドミサイル旅団▼ノドンミサイル旅団▼ムスダンミサイル旅団--など特定ミサイルを配備した3つの部隊が属している。戦略軍の3個ミサイル旅団はそれぞれ異なる作戦目標を持つと当局は分析した。

評価資料によると、スカッドミサイル旅団は北朝鮮が休戦ライン近隣に配備した前方軍団の地域のすぐ上に駐留し、射程距離50-1000キロのスカッドミサイルで韓国全域を射程圏内に置いた。

射程距離300-1300キロのノドンミサイルを保有するノドンミサイル旅団は北朝鮮の北部に位置する。軍関係者は「ノドンは在日米軍基地を打撃し、有事の際、米軍が韓半島に増援戦力を送るのを遮断するため北が開発した」と説明した。

中部地域のムスダンミサイル(射程距離500-3500キロ)旅団は「日本とグアム、大邱(テグ)より南側への攻撃が可能だと、軍当局は判断した。2014年から北朝鮮がグアム攻撃を想定していたということだ。グアムは米太平洋司令部所属の海・空軍基地があり、北朝鮮が恐れる戦略資産B-1BやB-52Hなど戦略爆撃機の基地でもある。

軍の消息筋は「北はこのようにミサイルの射程距離と目標によって3つの『ミサイルベルト』を設定した」と説明した。

戦略軍の編成が詳細に表れたのは初めてだ。戦略軍はもともと陸軍傘下のミサイル指導局として始まった。2012年4月15日の金日成(キム・イルソン)主席生誕100周年記念軍事パレードで金正恩(キム・ジョンウン)労働党委員長が「勇敢な陸・海・空軍およびロケット戦略軍」に言及し、初めて存在が露出した。

その後、2014年6月に名称が戦略軍に変わった。軍当局は戦略軍が実質的に独立した時期を2014年とみている。10日に米グアムを中距離弾道ミサイル(IRBM)火星12で包囲射撃すると威嚇したキム・ラクギョム上将は2014年2月15日から同部隊の司令官を務めている。

軍当局は評価資料で北朝鮮が米本土を打撃できるKN-08ミサイルを開発していると指摘した。KN-08は2012年4月15日の軍事パレードで初めて公開されたが、北朝鮮はその後一度も発射していない。その代わり「白頭(ペクドゥ)エンジン」という新型液体型エンジンで「火星12」と大陸間弾道ミサイル(ICBM)級の「火星14」を開発した。

軍当局は資料で、北朝鮮の「精密誘導弾」と「拡散弾」の運営にも注目すべきだとしている。精密誘導弾とは最近スカッドERミサイルを改造した対艦弾道ミサイル(ASBM)だと当局者は説明した。精密誘導弾は有事の際、海から入ってくる米軍の増援戦力に脅威となる。

拡散弾は弾頭が直接目標物を打撃するのではなく、一定の上空で数百個の子爆弾を撒き散らして爆撃する方式のミサイル。正確度が落ちるミサイルが主に拡散弾頭を搭載するが、広い地域の目標を制圧する時も拡散弾を使用する。北朝鮮は拡散弾で韓国と在韓米軍の空軍基地はもちろん、主要レーダー基地を狙うと、軍当局は予想している。

資料の作成時点が3年前であるため、ミサイルの数やTELの台数はその後に増強があったとみられる。TELの場合、米国国防情報弾道ミサイル分析委員会(DIBMAC)の報告書「弾道・巡航ミサイル脅威」によると、250台未満に増えている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP