주요 기사 바로가기

脅かされる韓国の中国輸入市場占有率1位…日本との差縮まる

ⓒ 中央日報日本語版2017.08.08 06:24
0
ことし上半期、韓国の中国輸入市場占有率は9.4%で辛うじて1位を守ったが、日本との差は縮まった。

7日、韓国貿易協会北京支部が発表した報告書「2017年上半期の中国の経済貿易評価および下半期の展望」によると、上半期における韓国の中国輸入市場占有率は9.4%で1位だった。THAAD(高高度防衛ミサイル)の影響にもかかわらず、半導体市場の好況と原油価格の上昇に伴う石油化学製品の輸出額が大幅に増加したためだ。

だが、2位の日本との差は0.5%ポイントに狭まった。特に月別では、3月には米国、4月と6月には日本にそれぞれ1位の座を譲っている。

半導体業界の好況や原油価格の上昇に伴う技術的反騰などで下半期もまずまずの実績を記録することが期待されるが、THAAD局面の長期化や中国産の競争力向上などで中長期見通しは不透明な状況だ。

韓国貿易協会関係者は「THAAD事態の長期化に伴う輸入先の多角化、中国の原副資材の内部調達政策などで中国市場における韓国製品はますます難しい挑戦に強いられている」とし「中国市場が先進化しながら競争も激化しており、韓国の中国進出戦略にも変化が必要だ」と伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP