주요 기사 바로가기

韓国2隻目となる次期揚陸艦「天子峰」、海軍へ引き渡し

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2017.07.31 14:41
0
韓国防衛事業庁は1日、蔚山(ウルサン)現代重工業から2隻目となる次期揚陸艦(LST-II)「天子峰(チョジャボン)」(LST-687)を海軍に引き渡す予定だと31日、発表した。防衛事業庁は2014年11月1に1番艦「天子峰」(LST-686)を海軍に引き渡している。

天子峰は、海軍が保有していた従来の高俊峰(コジュンボン)級揚陸艦(LST-I)よりも速力および搭載能力が向上している。4500トン規模の天子峰は最大速力23ノットで、130人余りが乗艦できる。艦内に国産戦闘システムおよび指揮統制システムを備えているため、上陸作戦指揮所の役割を果たすことができる。海兵隊約300人、上陸用舟艇3隻、戦車2台、上陸突撃装甲車8台を同時に搭載できる。また、艦尾甲板に上陸機動ヘリコプター2機が離着陸できるため、遠距離上陸地点に対する空中強襲作戦も可能だ。海上と空中から同時に戦力を投入する「立体高速上陸作戦」能力を有する艦艇と評価されている。

天子峰は2013年12月、現代重工業が建造を始めて2015年12月に進水した。その後、試運転および国防技術品質院の政府品質保証を経た。今後4カ月間、海軍乗組員の熟達訓練などの過程を経てことし末に就役する予定だ。現代重工業は天王峰(チョンワンボン)・天子峰に続き、日出峰(イルチュルボン、LST-689)もまもなく海軍に引き渡し、今後同級の揚陸艦をさらに一隻建造する。

海軍は高俊峰級4隻と天王峰級4隻の合計8隻の揚陸艦を保有する計画だ。海軍は敵地に上陸して高地を奪還するという意味で、知名度の高い山の峰の名前を揚陸艦名に決めている。

海軍はまた、独島(ドクト)級強襲揚陸艦(LPH)「独島」(LPH-6111)に続き同級の2番艦を設計中だ。強襲揚陸艦は格納庫と飛行甲板があるためヘリコプターや水陸離着陸機を保管して運用することができる。このためにミニ空母に分類される。また、小型揚陸艦(LCACなど)を搭載する。2020年までに戦力化が予想される2番艦の艦名は「馬羅島(マラド)」になる可能性が高い。海軍は強襲揚陸艦に韓国海域から最も遠く離れた島の名前をつける。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国2隻目となる次期揚陸艦「天子峰」、海軍へ引き渡し

    2017.07.31 14:41
    뉴스 메뉴 보기
    試験航海中の揚陸艦「天子峰」(写真提供=防衛事業庁)
    TOP