주요 기사 바로가기

日欧共同開発で水星探査機が完成…来年10月打ち上げへ

ⓒ 中央日報日本語版2017.07.07 14:59
0
日本と欧州が共同で開発した水星探査機が完成されたことが分かった。

NHKなど日本メディアは7日、宇宙航空研究開発機構(JAXA)と欧州宇宙機関(ESA)の水星探査計画「ベピコロンボ(BepiColombo)」の探査機をこの日、公開した。この探査機は2018年10月に打ち上げられ、2025年12月に水星に到達する予定だ。

共同開発された探査機は、日本側が開発した水星の磁場を調査する探査機「MMO」と欧州側が開発した水星の地形や鉱物を調べる探査機「MPO」の2機をつなげたものだ。この探査機は大型ロケット「アリアン5」に搭載されて水星を回る軌道に投入される予定だ。

日本と欧州の水星探査共同計画は今まで13億ユーロ(約1680億円)以上が投じられていることが分かった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP