주요 기사 바로가기

韓米外交長官、緊急電話会談「予想上回る制裁の可能性」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2017.07.05 09:01
0
米国政府は、北朝鮮が大陸間弾道ミサイル(ICBM)の試験発射成功を発表した4日が米国では独立記念日の祝日だったが、緊迫した動きを見せた。レックス・ティラーソン米国務長官はこの日午前9時(日本時間4日午後10時)、韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交長官との電話会談を通じて北朝鮮のミサイル挑発に対して協議した。外交消息筋は「この日の電話会談は韓国側の要請によるものだったが、北朝鮮のICBM技術の進展と今後の対応について深く意見を交わした」と伝えた。

この日の電話会談で、両者はまず北朝鮮がICBM試験発射だったと主張する根拠についての情報を共有したと伝えられた。発射直後にはICBM級ではないとの1回目の判断があったが、北朝鮮のICBM試験発射発表が続いて米国側が具体的な資料の分析に入り、北朝鮮の主張に根拠がないわけではないことを確認したという。関係者は「米国側の最終精密分析結果までは1週間ほどかかるようだ」と説明する。

また、消息筋は「両長官は、北朝鮮が明白に国連安保理決議を違反した以上、国連での制裁議論に着手して、中国側にどのような圧迫を加えるのかについても意見を交わした」とし「予想を上回る厳しい圧迫と制裁が加えられる可能性がある」と指摘した。

また、他の外交関係者も「先週の韓米首脳会談の結果が、対話と圧迫のうち対話側に重きを置いたと解釈されているが、今回の北朝鮮のミサイル発射で状況は変わった」とし「ICBMの試験発射で『レッドライン』を越えたと判断した米政府は、これからは再度制裁を強調する程度ではなく、これまでは全く違うレベルの北朝鮮政策側に舵を切る可能性が高くなった」と述べた。

米国はこの日、独立記念日の祝日だったが、外交、国防、情報関連機関の責任者を招集して緊急対策会議を開くことにしたと米CNN放送が4日、報じた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP