주요 기사 바로가기

韓国航空宇宙産業、フィリピンに攻撃機12機引き渡し

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2017.07.05 08:27
0
「韓国が製作した(South Korea-made)FA-50PHが爆弾を浴びせてテロリストを掃討することを願う」。フィリピンのドゥテルテ大統領が韓国が輸出した攻撃機に大きな満足感を表した。

航空機を生産する韓国航空宇宙産業(KAI)はフィリピンに12機の軽攻撃機FA-50PHを引き渡したと4日、明らかにした。フィリピン空軍はこの日、アンヘレスのクラーク空軍基地で「フィリピン空軍の日70周年記念式」とともに「FA-50PH最終号機引き渡し式」を開催した。

行事にはドゥテルテ大統領をはじめ、ロレンザナ国防長官、ファロリーナ空軍司令官などフィリピン軍関係者が出席した。河成竜(ハ・ソンヨン)KAI社長、金在信(キム・ジェシン)駐比韓国大使も招請された。

FA-50PHはKAIが米ロッキードマーチンと共同開発した高等訓練機T-50を基盤とした輸出型軽攻撃機。先端抗戦装備と武装装着が可能だ。KAIは2014年、フィリピンと12機のFA-50PHを約4億2000万ドルで輸出する契約をした。

当時、ドゥテルテ大統領は「祝賀飛行に使われる高価な飛行機は必要ない。むしろその資金で反乱軍掃討用の高速艇とヘリコプターを購入できたはず」と否定的な立場だった。

しかし最近フィリピン空軍がすでに引き渡されたFA-50PHを反乱軍空襲作戦に投入して任務を終えると、認識は大きく変わった。今回の空襲に反乱軍組織は最高指導者イスニロン・ハピロン(Isnilon Hapilon)が負傷し、少なくとも4人以上の組織員が死亡したことが分かった。ハピロンはイスラム極端主義武装勢力ISと関係を持つテロリストで、米国務省がテロリストとして追跡している人物だ。

KAIによると、フィリピン空軍は少なくとも36機のFA-50PHが必要だと報告するなど、追加導入に向けた雰囲気が形成されている。またスリオンヘリコプターにも関心も表し、初の輸出が期待される。

KAIはその間、インドネシア・トルコ・ペルー・フィリピンなど7カ国に137機・34億ドル規模の国産航空機KT-1とT-50を輸出し、現在タイ・ボツワナ・米国などへの追加輸出を推進している。T-50航空機1機の輸出は中型自動車1000台の輸出と似た規模の効果がある。米国を含めて今後50年間の世界高等訓練機市場規模は約2000機、100兆ウォン(約10挑円)に達すると推定される。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国航空宇宙産業、フィリピンに攻撃機12機引き渡し

    2017.07.05 08:27
    뉴스 메뉴 보기
    フィリピンのドゥテルテ大統領(中央フォト)
    TOP