주요 기사 바로가기

ホワイトハウス官僚「THAAD、韓米首脳会談の主要議題ではない…貿易不均衡を協議」=VOA放送

ⓒ 中央日報日本語版2017.06.29 11:07
0
米国ホワイトハウス官僚は28日(現地時間)、韓米首脳会談で高高度防衛ミサイル(THAAD)体系の配備が主要議題として扱われない見通しだと明らかにした。

ボイス・オブ・アメリカ(VOA)放送によると、ホワイトハウスの高位官僚は韓米首脳会談関連の記者会見で「トランプ大統領が強調している通り、米韓同盟は地域安保の核心軸」としながら、今回の首脳会談は韓国に対する米国の防衛公約を確認する場になるだろう」と伝えた。

この官僚は北核問題をはじめ、THAADの韓半島(朝鮮半島)配備や在韓米軍の防衛費分担のような懸案で、両国の間に大きな異見はないため、今回の首脳会談は順調に行われるだろうと予想した。特に、THAAD場合、文在寅(ムン・ジェイン)大統領と康京和(カン・ギョンファ)外交部長官がTHAAD配備に先立ち踏むべき手続きを強調しただけで配備の決定そのものを覆したわけではない点を明確にした以上、THAADが首脳会談の大きな争点にはならないだろうと説明した。

このように、今回の会談ではTHAADなどの懸案は重点的に扱われないが、韓米間の貿易問題は主な議題として協議されるものとみられる。ロイター通信によると、ホワイトハウス官僚は今回の首脳会談でトランプ大統領が貿易不均衡の改善に向け、文大統領を圧迫するだろうと伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP