주요 기사 바로가기

韓国与党代表「THAADのため戦争になることも」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2017.06.28 08:17
0
共に民主党の秋美愛(チュ・ミエ)代表が27日、高高度防衛ミサイル(THAAD)問題に関し、「THAADの政治的な意味合いが強まり、これが米中間の葛藤として表出し、南北間に誤解があったりすれば、その被害は戦争につながるしかない」と述べた。文在寅(ムン・ジェイン)大統領の米国訪問を翌日に控えて出てきた与党代表の発言だ。

秋代表はこの日、韓国学術研究院の主催でソウルウェスティン朝鮮ホテルで開かれた第14回コリアフォーラム北核問題国際学術会議で「(北は)すでにTHAADを越える非対称的な戦略武器を速いペースで開発して確保し、一部は性能が実戦配備できるほどという点も無視できない事実」と述べ、このように明らかにした。

秋代表のこの日の発言は予定になかったという。朴振(パク・ジン)アジア未来研究院理事長が「北の核・ミサイル開発ペースが非常に速くなった。(我々も)一日も早く(THAADを配備)しなければいけない」と述べると、これに反論するために出てきた。この日の学術会議の司会者は文正仁(ムン・ジョンイン)大統領統一・外交・安保特別補佐官だった。

秋代表はこの日、「外交の失敗は戦争につながる」という故ジョージ・ケナン氏(「封じ込め政策の父」と呼ばれる冷戦時代の米国戦略家)の言葉を引用し、「今の失敗や錯視は戦争につながりかねない。南北だけでなく米中間にも戦争が起こる可能性がある。韓半島(朝鮮半島)はその間で地政学的に脆弱だ」と話したりもした。

続いて「そのような(戦争を)避けることができる方法はすべて駆使しなければいけない。とはいえ単なる制裁や圧力だけでは通じないということも理解できる状況」とし「(THAADが)あたかも特別な方策・秘策であり、これだけが韓米同盟になるかのように考えてはいけない」と強調した。

秋代表は「戦争は突発的なもので、予告も兆候もない。戦争はその国の決定権者が戦争と宣言する瞬間に起こる」とも話した。また「『THAADというものが政治的に過剰・誇張されているのでは』という憂慮のため私は深く悩んでいる与党の代表」とし「南北間の緊張をどう緩和できるのか。必ず緩和しなければいけない。今はそのような時代」と話した。

秋代表のこうした発言をめぐり、政界では与党・青瓦台(チョンワデ、大統領府)間の「THAAD役割分担論」という解釈が出ている。青瓦台がTHAAD関連の発言を控える一方で、与党代表がTHAAD配備の問題点を指摘し、対米THAAD関連交渉で一定のテコの役割をするということだ。これに対し秋代表側は「青瓦台との調整は絶対にない」とし「THAADに過度に意味付けをする必要はないというのが秋代表の普段からの持論」と伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国与党代表「THAADのため戦争になることも」

    2017.06.28 08:17
    뉴스 메뉴 보기
    共に民主党の秋美愛(チュ・ミエ)代表
    TOP