주요 기사 바로가기

韓国、3年ぶりに貿易額1兆ドル達成する見込み

ⓒ 中央日報日本語版2017.06.27 06:50
0
韓国の全体貿易額が3年ぶりに1兆ドル(約111兆円)を突破するとみられている。

25日、韓国貿易協会国際貿易研究院が発表した報告書「2017年上半期の輸出入評価および下半期展望」で、ことしの輸出は前年比9.4%増となる5420億ドル、輸入は14.0%増となる4630億ドルを記録する見通しだ。全体貿易額は1兆50億ドルで前年比11%増加するとみられている。もしことし1兆ドルを超えることになれば、2014年以来3年ぶりとなる。

報告書によると、2015年と2016年はマイナス輸出が続いて1兆ドルの山を越えることができなかった。だが、ことし上半期から緩やかに回復の兆しが現れて貿易額1兆ドル再突破に青信号が灯った。

1~5月の輸出は半導体・有機発光ダイオード(OLED)の好況、原油価格の上昇、新成長産業の輸出拡大、市場の多角化などに後押しされて、平均16.3%という増加率を記録した。特に1~4月基準では、輸出増加率が世界平均(8.1%)の倍以上となる17.1%に達し、輸出順位も昨年8位から6位へと2ランクアップした。

ただし、下半期の輸出増加率は4.6%に大きく落ちるものとみられている。船舶は原油価格の上昇鈍化による海洋プラント引き渡し遅延の可能性、ディスプレイ・家電は海外生産の拡大、自動車部品・無線通信機器は競争の激化などでマイナス増加率が予想されている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP