주요 기사 바로가기

チョン・ユラ容疑者の逮捕状再請求…馬の交換で犯罪収益隠匿した容疑

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2017.06.19 09:29
0
検察特別捜査本部が崔順実(チェ・スンシル)被告の娘もチョン・ユラ容疑者(21)に対する逮捕状を18日に再請求した。チョン容疑者に対する最初の逮捕状が裁判所で棄却されてから半月ぶりだ。特別捜査本部関係者は、「既存の犯罪事実に犯罪収益隠匿規制法違反容疑を追加した」と明らかにした。これに先立ち検察はチョン容疑者に梨花(イファ)女子大学入試・学位不正(業務妨害)と清潭(チョンダム)高校の不正出欠(公務執行妨害)容疑を適用して2日に逮捕状を請求したが翌日棄却された。裁判所は「チョン容疑者の犯罪加担程度は低い」などの理由を挙げた。

検察はその後チョン容疑者を2度呼んでサムスンの乗馬支援に対し集中的に調査した。これに先立ち朴英洙(パク・ヨンス)特別検察官チームは崔被告がサムスンから提供された犯罪収益である馬「ビタナV」などがメディアに露出すると別の馬と交換することでこれを隠匿しようとしたと判断した。サムスンは2015~2016年にチョン容疑者に馬場馬術用にビタナVなど3頭の馬を提供した。3頭の価格は合わせて30億ウォンを超えた。昨年10月に崔被告は馬仲介業者を通じこれらの馬を別の馬と交換し、価格差に伴う代金は崔被告所有のドイツ法人コアスポーツが支払った。

検察はチョン容疑者がこうした犯罪収益隠匿過程を詳しく知っており積極的に介入したとみている。チョン容疑者の側近である馬匹管理士、チョン容疑者の息子を世話する保育士も検察に呼ばれ参考人として調査を受けた。検察関係者は「裏付け捜査を通じチョン容疑者の犯罪介入の水準を立証できるほどの資料を確保した」と伝えた。

これに対しチョン容疑者側は「検察が無理な逮捕状再請求をした」との立場だ。チョン容疑者側のイ・ギョンジェ弁護士は「検察が犯罪収益隠匿だと主張する馬の交換はサムスンが崔被告にビタナVなどを無償贈与したという主張を前提としている。しかし馬の所有者はサムスンだった。検察の前提が間違っており、犯罪事実自体が存在しないという点を令状実質審査で明らかにする」と話した。

一方、朴英洙特別検察官チームは1月、デンマーク政府にチョン容疑者に対する犯罪人引き渡しを要請する際に業務妨害・公務執行妨害・犯罪収益隠匿規制法違反容疑だけを適用した。犯罪人引き渡し法に基づき検察はデンマーク政府から承認を受けた犯罪容疑内だけで司法処理ができる。このため犯罪収益隠匿規制法違反容疑だけを2度目の逮捕状に入れることができた。検察はデンマークからチョン容疑者に対する外国為替管理法違反などの容疑の承認を受ける手続きも進めている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    チョン・ユラ容疑者の逮捕状再請求…馬の交換で犯罪収益隠匿した容疑

    2017.06.19 09:29
    뉴스 메뉴 보기
    チョン・ユラ容疑者
    TOP