주요 기사 바로가기

JYJキム・ジェジュン、除隊後ドラマの主人公として復帰

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2017.06.13 13:07
0
グループJYJのメンバー、キム・ジェジュンがドラマの主人公として復帰する。

あるドラマ局関係者は13日、韓国日刊スポーツに「キム・ジェジュンがKBS(韓国放送公社)第2テレビの水木ドラマ『マンホール』(原題)の主人公として出演することになった」と明らかにした。

キム・ジェジュンはドラマで河陰奉(ポン)氏家の3代孫であるポン・ピル役に扮する。ポン・ピルは3朗で大学に入って卒業後3年間遊んだ末に、公務員試験を3年間準備している町中で有名なプー太郎。郵便局長として務めている父の莫大な支援を受けてコーヒー店を開業したが3カ月で潰した後、町中のあちこちを放浪していたところ、一日にお小遣1万ウォンをもらえるという約束で公務員試験を準備することにした屈辱的な人物だ。町中の読書室にベースキャンプを置いて遊びやすいジャージ姿で町中を放浪する。

2015年1月に放送された『スパイ~愛を守るもの~』以降、2年ぶりにドラマの主人公としてカムバックする。その間、国防の義務のために芸能界では見られなかったが、ドラマを通じて初めて公式的なカムバックを知らせる。キム・ジェジュンは、その間、『ボスを守れ』『タイムスリップDr.JIN』『トライアングル』など珠玉のような作品で主役を演じて演技を磨いてきた。

『マンホール』は主人公が一週間後に予告されている結婚を防ぐためにランダムタイムスリップを通じて過去と現在を行き来する過程を興味深く描いたストーリー。また、キム・ジェジュンが演じる主人公ポン・ピルを筆頭に、5人の若者が描いていくリアルな青春コメディー物だ。

『ぶどう畑のあの男』『百万本のバラ』の演出を手がけたパク・マニョン・プロデューサーがメガホンを取り、『TEN』を書いたイ・ジェゴン作家が執筆する。

現在、放映中である『7日の王妃』の後続で、8月から放映される。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    JYJキム・ジェジュン、除隊後ドラマの主人公として復帰

    2017.06.13 13:07
    뉴스 메뉴 보기
    JYJキム・ジェジュン。
    TOP