주요 기사 바로가기

5・18記念財団、「全斗煥回顧録」の販売と配布禁止で仮処分申請

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2017.06.11 10:23
0
5・18記念財団が12日に『全斗煥(チョン・ドゥファン)回顧録』に対する販売と配布を禁止する仮処分申請を光州(クァンジュ)地裁に提出すると明らかにした。仮処分申請には財団をはじめ、民主社会のための弁護士の会の光州・全羅南道(チョンラナムド)支部、光州地方弁護士協会、チョ・ビオ神父の遺族などが参加する。

これに先立ち記念財団は回顧録3冊をすべて分析し、光州事件と関連した虚偽の事実を選び出す作業に着手した。その結果、「ヘリコプター射撃はなかった」「5・18は『暴動』以外に表現する言葉がない」「光州刑務所襲撃は北朝鮮のスパイが介入」「戒厳軍発砲命令はなかった」など10件ほどの内容を明白な虚偽事実と判断し、仮処分申請に出ることを決めた。

一方、財団は「池万元(チ・マンウォン)の5・18映像告発」写真集発行と配布を禁止する仮処分申請もこの日裁判所にともに提出する予定だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    5・18記念財団、「全斗煥回顧録」の販売と配布禁止で仮処分申請

    2017.06.11 10:23
    뉴스 메뉴 보기
    5月団体関係者らが4月20日にソウル・西大門区の全斗煥元大統領の自宅前で『全斗煥回顧録』廃棄を促す集会を行った(写真=5・18記念財団)
    TOP