주요 기사 바로가기

韓国国情院、国内情報館機関出入りを全面廃止

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2017.06.02 09:54
0
文在寅(ムン・ジェイン)大統領は1日、国家情報院(国情院)第1次長に徐東鴎(ソ・ドング)駐パキスタン大使(62)、第2次長に金峻煥(キム・ジュンファン)前国情院支部長(55)、第3次長に金相均(キム・サンギュン)前国情院対北戦略部署処長(55)を任命した。国情院第3次長だった徐薫(ソ・フン)院長に続き、次長3人がともに国情院出身者となった。青瓦台(チョンワデ、大統領府)の朴洙賢(パク・スヒョン)報道官は「政界との関係を断ち、国情院が純粋な情報機関として生まれ変わるための措置」と説明した。

文大統領はこの日、徐院長らに任命状を授与し、「国情院の最終的かつ完全な改革案については今後もう少し議論し、良い方向を探さなければいけない」とし「その時までとにかく国内政治(情報)だけは徹底的に禁止することを望む」と強調した。

これに対し徐院長は「今日就任し、最初の措置として国内情報館の機関出入りを全面廃止する」とし、「IO(Intelligence Officer)」と呼ばれて部処・機関・団体・報道機関などを担当してきた国内情報担当官制度の廃止を報告した。その間、第1次長は海外・対北朝鮮、第2次長は国内、第3次長は科学技術分野を担当してきた。今回、第3次長に対北朝鮮戦略部署出身者が起用され、業務区分が変わる可能性がある。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP