주요 기사 바로가기

「慰安婦問題、新しい韓国外交長官が良い案をつくるだろう」

ⓒ 中央日報日本語版2017.05.25 10:59
0
韓国の国政企画諮問委員会の金基正(キム・ギジョン)外交・安保分科委員長は24日、「新しい長官〔康京和(カン・ギョンファ)外交部長官候補〕が来れば、慰安婦問題に関するレビュー(検討)と良い案をつくることができる」と明らかにした。金委員長はソウル国政企画委員会で記者団と会ってこのように伝えた。

記者から「旧日本軍慰安婦問題に関連し、再交渉をどのように始めるのかについて協議したか」と問われると、金委員長は「今は政策レビューが必要な時期」とし「政策レビューをどのような方式で進めるか、国政企画委員会と外交部が協議しなければならない」と答えた。続いて「われわれは今、外交部がどのように準備しているかだけを聞いている」と付け加えた。

これは外交部のレビュー結果によって慰安婦合意を補完する可能性があるという意味とも解釈できるため、今後、協議結果にさらに関心が集まるものとみられる。

一方、外交部長官に指名された康氏は過去10年余りの間、国連で主に人権・人道主義分野で活動した人権専門家として知られている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「慰安婦問題、新しい韓国外交長官が良い案をつくるだろう」

    2017.05.25 10:59
    뉴스 메뉴 보기
    外交部長官に指名された康京和(写真=青瓦台)
    TOP