주요 기사 바로가기

韓経:「20年のビール職人が味をテスト…最高の済州クラフトビール生まれる」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2017.05.24 13:58
0
済州(チェジュ)の挟才(ヒョプチェ)海水浴場から車で10分の距離にある翰林邑(ハンリムウプ)クムヌン農工団地。産業資材と農機械工場が並ぶここにクラフトビール醸造場が誕生した。米国クラフトビール1位の「ブルックリン・ブルワリー」と「済州ビール」が提携して設立した国内最大規模のクラフトビール醸造場だ。

19日に訪問した済州ビール醸造場には8月の正式稼働を控え、全職員が集まってワークショップをしていた。ムン・ヒョクギ済州ビール株式会社代表は工場の設備を一つずつ紹介し、約40人の職員に各自の顔が描かれたイラストレーションの額縁をプレゼントした。ムン代表は「済州ビールは生まれたばかりの赤ん坊と変わらない」とし「皆さんのすべての情熱を注いで一緒にうまく育てていこう」と述べた。

済州ビールの醸造場は年間最大2000万リットルのビールを生産できる。外食事業に携わってきたムン代表は2009年、米国出張中にクラフトビールを味わった後、「韓国でもおいしいビールを作ってみよう」と決心した。ブルックリン・ブルワリーは米国で約30年間、クラフトビール市場を牽引してきた第1世代と評価されている。アジアに醸造場を作ったのは済州が初めて。2月から醸造場設備を管理しているブルックリン・ブルワリーのアンドリュー・エティ・ブルーマスター(醸造責任者)は「世界トップの廃水管理施設会社を通じて廃水汚染を最小化する設備を適用した」とし「麦芽粉砕から酵母培養まで全過程を厳格に統制する最高の設備で、最もクリーンでおいしいビールを作る準備ができた」と述べた。

この醸造場を設立するために20年以上の経験を持つビール専門家らが今年初めから済州に常駐しながらシステムを構築した。エティ・ブルーマスターは「済州はきれいな水、乾燥したミカンの皮など最高の材料が多い」とし「世界のどこにもないビールの味を作るために週70時間以上も仕事をしながら毎日テストしている」と語った。続いて「クラフトビールは酒である前に一つの文化」とし「済州という小さな島に年間1500万人以上の観光客が訪れるというのは、旅行を終えた人たちが各自の生活場所に戻ってクラフトビール文化を広める潜在力があるという意味」と説明した。

済州ビール醸造場は3階建てで、1階は生産醸造場、2階は醸造ツアー施設、3階はパブ空間。ムン代表は「済州は優れた自然環境で有名な観光地になったが、新しい経験ができる文化空間が不足していた」とし「済州ビールがマグパイ・ブルワリー、ジェスピなど済州の他の醸造場と共に済州旅行の新しいトレンドを作っていく」と語った。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP