주요 기사 바로가기

セウォル号沈没海域で発見された遺骨、檀園高教師のものと判明

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2017.05.18 08:57
0
「どう表現したら良いか分かりません。ひとかけらの骨として帰ってきた夫を喜ぶべきか、悲しむべきか…」

セウォル号未揚収者9人のうち初めて身元が判明した檀園(ダンウォン)高等学校教師の故コ・チャンソクさん(43)の遺族(妻)ミンさんは17日、記者に送ったコメントでこのように心情を表現した。また「夫の遺骸もまだすべて収拾できておらず、(家族の遺骸をまったく)収拾できていない家族もある」とし、婉曲にインタビューを断った。だが、ミンさんはコメントの中で「記事を書くのであれば、教師のコ・チャンソクについて書いてくれれば嬉しい」とし「ことしの『先生の日』はとても胸の痛い日だった」と付け加えた。

コさんは愛妻家で有名だった。ミンさんは檀園高と塀一つ隔てた檀園中学校の教師だった。コさんは塀の向こう側からミンさんにおやつを渡したり、誕生日や結婚記念日には花を送ったりするようなロマンチストでもあった。セウォル号惨事当時、ミンさんに「子育てに苦労をかけて申し訳ない」というSMSを最後に残した。

コさんは2014年3月、檀園高体育教師の辞令を受けてから約1カ月後にセウォル号惨事で命を落とした。大学時代、人命救助アルバイトを経験するほど水泳などで優れた運動神経を発揮していたという。しかし、水が入ってくる船から彼は脱出しなかった。むしろ生徒たちにライフジャケットを渡して「先にこれを来て船から脱出しなさい」と言った。コさんの最後の姿は生徒たちがいた4階客室で目撃された。「早く船から脱出しなさい」とのどが裂けるのではないかと思うほどの大声を張り上げていたという。

ある生徒は「ライフジャケットを着用するように初めて指示したのは船長でなく先生だった」と話した。コさんの同僚のキム・トギョンさん(40)は「生徒の目線に合わせて教育し、学生部教師だったにもかかわらず弟子が多く従った」とし「性格も良く、赴任から1カ月も経たず同僚教師から慕われていた」と話した。

コさんのものと17日に確認された遺骨は今月5日に発見された骨1点だ。沈没したセウォル号船体に接している海底面の特別捜索区域で、ダイバーがクワで海底を掘って採取したものだった。身元は国立科学捜査研究院(国科捜)が遺伝子(DNA)分析をして12日ぶりに身元を確認された。当初予想していた1カ月よりも短かった。

一般的に骨のDNA分析には3~4週間ほどかかる。DNA分析のためには骨の丈夫な部位(カルシウム成分)は邪魔になる。これを除去して骨を柔らかい状態にしないと分析に必要なサンプルを抽出することができない。これを脱カルシウム化と呼ぶが、この過程だけで通常2~3週間は必要だと言われている。国科捜法遺伝子課のイ・ヤンハン課長は「迅速な分析のために、骨全体ではなく脱カルシウム化が進行した部分からまずサンプルを採取する方法を継続し、期間を短縮させた」とし「該当の骨の状態が良好で身元確認が可能だった」と説明した。

これに伴い、セウォル号船体から見つかった人骨と推定される遺骨に対する身元確認作業にも弾みがつくものと予想される。

今月10日、4階船尾から骨2点が発見されてから17日までに船体3階と4階で8日連続で遺骨が見つかっている。遺骨の中には頭蓋骨や歯など肉眼で身元推定が可能な場合もある。イ・ヨンハン課長は「頭蓋骨も歯も正確なDNA分析のためには脱カルシウム化過程を経なければならず、時間がかかる」としながらも「発見された遺骨の状態が良い場合は分析期間を短縮することができる」と説明した。

現在の水中捜索では人骨と推定される遺骨はコさんのもの以外は見つかっていない。ダイバーを通した40区域の水中捜索作業が終われば、水中音波探知機(ソナー)を利用した捜索に切り替えられる。ソナーが遺失物を探知すればダイバーが該当地域を詳しく調べるという手法だ。最終段階は、遺失物がひっかかっていると考えられるフェンス枠1.5メートル半径を捜索する。

先月9日から始まった水中捜索に予定された期間は2カ月で、来月初めに作業は終了する予定だ。李哲朝(イ・チョルジョ)セウォル号現場収拾本部長は「船体内部の捜索状況や身元確認結果などを総合的に勘案し、水中捜索作業を補強して続行するかどうかを決める」と述べた。現場収拾本部は船体天井に穴を開けたり外壁を切断したりして進入路を広げ、4階と3階区域に対する捜索を急ぐ計画だ。

セウォル号未揚収者は檀園高生徒のチョ・ウンファさん、ホ・ダユンさん、パク・ヨンインさん、ナム・ヒョンチョルさん、檀園高教師のヤン・スンジンさん、一般人客のクォン・ジェグンさん-ヒョッキュさん親子、イ・ヨンスクさん。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP