주요 기사 바로가기

【社説】疎通の意志を見せた文在寅新大統領=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2017.05.11 16:10
0
文在寅(ムン・ジェイン)大統領の就任初日の日程は新鮮だった。低姿勢で政界・メディア・国民と気さくに疎通しようという姿を見せた。その間、韓国の国民は「親文覇権主義」の傲慢なイメージのため、大統領に当選すれば独善・独走するという疑いを抱いたりもした。文大統領本人も息子の特恵採用疑惑に「いい加減にしなさい」と一蹴し、テレビ討論でも相手候補に「我々の党本部長と討論してください」という発言でこうしたイメージを与えた。しかし初日の姿はそのような誤解を払拭し、誠意を感じさせた。

文大統領がこの日、顕忠院を参拝した後、事実上の最初の公式日程で院内5党の代表に会いに行ったのは、国会を重視し、妥協の政治を象徴する行動だ。特に真っ先に訪ねたのが第一野党の自由韓国党の指導部である点も意味が大きい。文大統領は鄭宇沢(チョン・ウテク)院内代表に会い、「国政パートナーとして考え、安保情報を共有する」と述べた。野党との疎通の意志を行動で見せたのだ。これに対し丁世均(チョン・セギュン)国会議長は「国民が期待する『協治』に応じる」と評価した。

何よりも文大統領が青瓦台(チョンワデ、大統領府)春秋館に出てきて、李洛淵(イ・ナクヨン)首相候補、徐薫(ソ・フン)国家情報院長候補と任鍾晳(イム・ジョンソク)秘書室長の人選の背景を自ら説明したのは大きな意味がある。権威に関係なく開放的で気さくな印象を与えるのに十分だった。過去の政権で青瓦台の報道官が代読したのとは全く違う姿だ。米国の大統領が主要参謀の人選を自ら発表する場面と重なる。特に李首相候補、徐国情院長候補に対して国会が迅速に聴聞手続きを踏むことを「丁重にお願いする」という表現を使った。大統領が「主要懸案は記者会見を通じて私が国民に直接知らせる」という約束を任期最後まで守れば、以前の大統領とは明確に違う姿になる。

文大統領は就任式の演説でも国民に視点を合わせた。「手ぶらで来て手ぶらで退任する」「大統領の権力を一人で使わず分け合う」という宣言なども注目を集めた。すべて簡単に理解でき、誠意が感じられるという反応を得た。我々は文大統領の「光化門(クァンファムン)時代」公約も一日も早く実現することを期待する。青瓦台の執務室を光化門政府総合庁舎に移し、大統領が帰途に市民とマッコリでも交わすことになれば、我々の共同体はさらに一段階飛躍するだろう。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP