주요 기사 바로가기

韓国首都圏にKTX級高速鉄道、早ければ2023年開通

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2017.04.05 08:38
0
京畿道一山(キョンギド・イルサン)からソウル・江南(カンナム)まで17分、一山からソウル駅まで13分で走るKTX級の高速列車が早ければ5年後にできる。

国土交通部は4日、京畿道一山からソウル江南区三成(サムソン)駅37.4キロメートルを結ぶ首都圏広域急行鉄道(GTX)民間資本事業に対する妥当性分析を終え民間投資施設事業基本計画の策定に着手したと明らかにした。

この区間は首都圏都心を時速180キロメートルで走る高速広域急行鉄道A路線の一部だ。A路線は坡州・雲井(パジュ・ウンジョン)~一山~三成~東灘(トンタン)間83.3キロメートルの路線で、三成~東灘間39.5キロメートルは先月着工し2021年に開通する。坡州~一山間6.4キロメートルは昨年12月に予備妥当性調査に入った。GTXのA路線の総事業費は3兆5788億ウォン(約3560億円)で、事業規模は新安山(シンアンサン)線複線電化事業の3兆3895億ウォン、仁川(インチョン)国際空港鉄道の3兆2956億ウォンを超える。

A路線に続き議政府(ウィジョンブ)~衿井(クムジョン)間のC路線が予備妥当性調査を受けており、松島(ソンド)~清涼里(チョンリャンリ)~磨石(マソク)間のB路線も昨年末予備妥当性調査に入った。

首都圏広域急行鉄道の平均速度は一般の地下鉄の3~4倍の時速116キロメートルだ。この鉄道を利用すれば移動時間が一山KINTEX~ソウル駅間26キロメートルは13分、KITENX~三成間37キロメートルは17分、東灘~三成間38キロメートルは19分にそれぞれ短縮される。KINTEXからソウル駅まで乗用車で移動する場合60分ほどかかるのと比較すると47分も時間が短縮されることになる。

国土交通部は1日平均30万人が首都圏広域急行鉄道を利用し、乗用車の通行量が1日5万台ほど減少すると予想した。乗用車の通行量が減れば道路の渋滞も解消されるとみられる。

国土交通部は基本計画案を早急にまとめ、下半期に民間投資審議委員会の審議を経て告示した後、民間から提案書を受け付け来年初めまでに優先交渉対象者を選定する計画だ。その後来年末に着工して2023年末に開通する予定だ。GTX路線の建設は地下40~50メートルにトンネルを建設する方式で行われる。これにより既存の鉄道と違い路線を直線化し速度を高められる。GTX車両の長さは20メートル、幅は3.15メートルでソウル地下鉄の大きさと同水準だ。1両当たり座席数は56席でKTXの座席と同様の2人席と4・10人席などで構成される。料金は2014年の予備妥当性調査当時に三成~東灘間が3400ウォン(基本料金1800ウォン+1キロメートル当たり40ウォン)前後で策定された。ただ民間事業者などは4000ウォン水準でなくては事業妥当性はないとみている。

首都圏広域急行鉄道の本格化は一山など広域急行鉄道が経由する地域の不動産市場にも好材料として作用する見通しだ。国土交通部のパク・ミンウ鉄道局長は「GTXは都市鉄道分野にKTXが導入されるもので、どのような交通手段より京畿道とソウル・江南北部地域を速く結ぶだろう」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP