주요 기사 바로가기

グーグル・アップル・アマゾンも食指…関心集まる東芝

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2017.04.03 09:15
0
東芝半導体事業買収戦の構図が変わった。韓国と中国・台湾企業の舞台になるかと思われた今回の買収戦にグーグル、アップル、アマゾンなど米国の情報技術(IT)大手が大挙参入するためだ。

読売新聞や日本経済新聞など日本の主要メディアは先月29日に締め切られた東芝メモリー事業部門の予備入札にアップルとグーグル、アマゾンなど米国の大手IT企業が買収提案書を出したと1日に報道した。

資金力で武装した米国のIT企業が大挙名前を上げたのは、仮想のPC・ストレージにデータを保存するクラウドサービスを拡大する目的だとみられる。IDCの報告書によると世界のパブリッククラウドサービス市場規模はスマートフォンとモノのインターネット(IoT)技術発展とかみ合わさり2020年には1950億ドルに成長する見通しだ。ここにはアマゾンとグーグル、アップルなどIT企業が大挙参入した状態だ。インテルもメモリー部門を強化してこの市場での立地を強化する計画だ。現在この分野の1位はアマゾンが運営する「アマゾンクラウドサービス」だ。これら企業が東芝のメモリー事業部門を買収する場合、事業拡大に弾みが付くと予想される。東芝はNAND型フラッシュ部門で世界シェア2位の18.3%で、暗号化技術はNAND型フラッシュ業界1位のサムスン電子の先を行っているという評価もある。

 
このほか東芝と技術開発だけでなく生産まで共同でしているウエスタンデジタルとフラッシュメモリー設計会社のマイクロンテクノロジー、ブロードコムも企業用半導体事業拡大を狙って買収戦に参加した。米国のプライベート・エクイティ・ファンド(PEF)のシルバーレイクパートナーズもデルとのシナジー効果を期待して買収戦に参加した。

予想できなかった米国企業の参加により今回の買収戦の構図も大きく変わる見通しだ。日本政府は技術流出や国家安保などを理由に中国・台湾企業への売却は難しいとの立場を示してきたため米国企業による買収の可能性がさらに高まったという観測だ。

また、当初1兆5000億円を超えないだろとされた予想売却価格も競争が過熱し2兆円台に跳ね上がる可能性も大きくなった。米国企業はほとんどが希望買収価格として2兆円前後を提示したとされる。韓国のSKハイニックスは10兆ウォン以上を、台湾のホンハイは2兆円以上を書いて出したと見られる。2兆5000億円の実弾を準備した中国の紫光集団は結局今回の入札に参加しなかった。



関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP