주요 기사 바로가기

「2025年から来たよう」、「アイフォン・キラー」…相次ぐギャラクシーS8への好評(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2017.03.31 13:49
0
サムスン電子はスマートフォン販売物量基準では確固たる世界市場1位だ。昨年3億940万台を販売し市場占有率20.8%を記録、アップル(14.5%)に大きく先んじた。しかし、売り上げだけで計算すればアップルの占有率(40.1%)がサムスン(20.7%)の2倍だ。価格が高いプレミアム・フォン市場でのアップルの比重が大きいためだ。この格差を減らすために出したサムスン電子の新兵器が29日(現地時間)米国ニューヨークで公開されたスマートフォン、ギャラクシーS8・S8プラスだ。サムスン電子の風は実現されるだろうか。ひとまず反応は良い。

米国経済紙『ウォールストリートジャーナル(WSJ)』は「2025年から来たスマートフォンのようだ」、IT専門メディア『ザ・ヴァージ(The Verge)』は「歴代で最も素敵なスマートフォンだ」と評価した。ノート7騒動後、サムスン電子製品に批判的だった海外メディアが好評に転じたのだ。ユジン投資証券のノ・ギョンタク研究員は「S8は使用者の便宜性やデザインの側面でアイフォン7に比べて競争力がある」とし、「プレミアム市場で格差を相当部分減らすことができるものと期待される」と話した。

このような期待感はアンパック(公開)行事場所のあちこちで見られた。1時間以上並ばないと入場できないほど人が集まった。2000席余りの客席が大きく不足した。新技術と機能が公開されるたびに歓声と拍手が何度も溢れた。特に人工知能(AI)プログラムビックスビー(Bixby)に対する反応が大きかった。

ビックスビーに「食堂を探して」と命令すると携帯がグーグル地図上に食堂の位置を表示し、「この画面をキャプチャーして友人のOOに送って」と再度命令するとソーシャルネットワークサービス(SNS)で食堂の地図を送る状況が試演された。シリコンバレーから来たあるインド人のソフトウェア・エンジニアは「ビックスビーは音声だけでなくイメージとテキストを全て認識して音声だけで作動する他のAIを追い抜いた」と評価した。S8に対する関心は韓国でも熱かった。30日、国内で初めてS8体験行事を行ったソウル光化門(クァンファムン)のKTオルレ・スクエアには消費者が集まり大変混雑した。ある消費者は「ことしの頭からスマートフォンを変えようと思っていたが、S8が出るのを見て決めようと待っていた」とし、「色々な機能が気に入って待った甲斐がある」と話した。
「2025年から来たよう」、「アイフォン・キラー」…相次ぐギャラクシーS8への好評(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP