주요 기사 바로가기

人口当たりのスターバックス店舗数 韓国は日本の2倍…世界4位

ⓒ 中央日報日本語版2017.03.31 11:31
0
韓国の人口当たりのスターバックス店舗数が日本の2倍にのぼることが分かった。

30日、スターバックスコーヒーコリアによると、韓国のスターバックス店舗数は1008カ所(先月末基準)で、人口を5050万人(2016年7月、国連人口統計基準)とすると、5万人につき1店の割合で店舗を展開している。

日本の場合、人口は韓国より2倍以上となる1億2600万人だが店舗数は約1140店で、11万人につき1店という計算になる。

人口当たりのスターバックス店舗が最も多い国はカナダだった。人口が3628万人のカナダにはスターバックスが1035店あり、3万5000人につき1店の割合になることが分かった。

スターバックスの本拠地である米国は、人口3億2400万人に7880店舗があり4万1000人につき1店で2位だった。3位のシンガポールは人口569万人に店舗数は126カ所で、4万5000人につき1店だった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP