주요 기사 바로가기

<W杯サッカー>アウェーでUAEに勝った日本、中国に敗れた韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2017.03.24 09:54
0
韓国がつまずく間、日本は完勝して大きく前進した。

日本は24日、アラブ首長国連邦(UAE)アルアインで行われた2018ロシアワールドカップ(W杯)アジア最終予選B組第6戦でUAEを2-0で破った。久保裕也(ゲント)と今野泰幸(ガンバ大阪)がゴールを決めた。

これで日本は4勝1敗1分け(勝ち点13)になった。同日タイを3-0で降したサウジアラビア(4勝1敗1分け、勝ち点13)に次いで得失点(サウジ+7、日本+5)差でB組2位につけている。A組2位を維持したものの、アウェーで中国に0-1で敗れて勝ち点を得られなかった韓国(3勝2敗1分け、勝ち点10)とは対照的な姿となった。

日本は昨年9月にホームで行われたUAEとの最終予選第1戦で1-2に敗れていた。さらに今回の試合を控えて主将の長谷部誠(フランクフルト)がけがで抜け、本田圭佑(ACミラン)、香川真司(ドルトムント)など海外組主力選手の実戦感覚が落ちているという評価もあった。しかし敵地でUAEから勝利をつかみ、大きな峠を乗り越えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP