주요 기사 바로가기

北朝鮮、米空母を狙ってミサイル開発中

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2017.03.14 08:05
0
北朝鮮が「空母キラー」と呼ばれる対艦弾道ミサイル(ASBM)を開発中だと、複数の情報当局関係者が13日明らかにした。ASBMは艦船のような海上の移動目標物を打撃するミサイルをいう。普通の弾道ミサイルは一定の軌道で固定された目標物を打撃し、速く移動する空母などに命中させるには限界がある。しかしASBMは終末段階で目標物の移動に合わせてミサイルの軌道を修正する技術を備えている。

情報当局の関係者は「北がASBMに必要なミサイル誘導技術と軌道修正技術を開発した」とし「昨年9月と今月6日、スカッドERミサイル4発の同時発射でこの技術をテストした」と述べた。特に昨年9月の発射当時、3発のスカッドERミサイルが弾着群を形成するほどほとんど似た地点に落ちた。別の情報当局関係者は「当時、北が海上目標物攻撃状況を仮定して発射したとみている」と話した。

ASBMは海軍力が弱い国が海軍力が強い国に対抗する場合に前面に出す武器体系。現在、中国とイランだけが保有している。韓米情報当局は北朝鮮が1990年からミサイル開発協力関係を維持しているイランから関連技術を入手したと疑っている。イランは4日と5日(現地時間)、海上目標物を対象にしたファテフ(Fateh)-110ミサイル(ASBM)発射訓練をした。イスラエル軍情報分析官だった大量破壊兵器(WMD))専門家のダニー・ショハム博士は中央日報のメールインタビューで「2012年ごろ北朝鮮はイランからファテフ-110ミサイルを入手した」と答えた。中国は2010年ごろ米海軍を牽制するためにASBMのDF(東風)-21Dを作戦配備した。

北朝鮮も中国の戦略を追っていると情報当局は分析した。ただ、北朝鮮が海軍目標物の位置をリアルタイムで把握する人工衛星など監視・偵察資産がないため、北朝鮮のASBMは大きな威力を発揮できないという分析もある。しかし国防関連の市民団体「自主国防ネットワーク」のシン・インギュン代表は「北がASBMを保有する場合、有事の際に海上交通路をまひさせ、海上を通じた米軍の増援を妨害する能力を持つ可能性があり、対策が必要だ」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP