주요 기사 바로가기

<WBC>韓国監督「日本などと技術的な差がある…最後まで最善を尽くす」

ⓒ 中央日報日本語版2017.03.08 17:29
0
2017ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)1次ラウンド最後の試合を控えて韓国代表チームの監督が口を開いた。

韓国代表チームは8日、ソウル高尺(コチョク)スカイドームで練習を行った。韓国代表チームの金寅植(キム・インシク)監督はその場で「台湾戦で最善を尽くそう」と呼びかけた。

金監督は「敗北を痛感する。選手には罪がない。全ては監督の責任だ。今回の大会を通じて感じた点を生かして今後、チームに戻って頑張れば韓国野球がもう少し発展するだろう」と明らかにした。

彼は「過去にWBCで良い成績を出したことはあるが、日本など強国と技術的に差があるということは知っていた。オランダの投手力だけを見ても韓国投手らとスピードの差が6~7キロメートル程度はある。制球も低く、真っ直ぐ投げるボールがない。若手選手らが見習うべきだ。野手の送球、守備能力など基本技を磨くためには、子どもの時からの訓練が必要だ」と説明した。

一方、6日、イスラエルに1-2で敗れた後、7日にオランダにも0-5で敗れた韓国代表チームは9日、台湾と1次ラウンドの最後戦に挑む。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <WBC>韓国監督「日本などと技術的な差がある…最後まで最善を尽くす」

    2017.03.08 17:29
    뉴스 메뉴 보기
    韓国野球代表チームの金寅植監督。
    TOP