주요 기사 바로가기

<WBC>韓国、開幕戦で衝撃の敗戦…きょうオランダ戦「必勝」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2017.03.07 08:55
0
野球のボールは丸い。当日のコンディションによって何が起こるかは誰にも分からない。6日に行われた韓国-イスラエルの2017ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の開幕戦がまさにそうだ。韓国代表はWBC1次ラウンドの開幕戦でイスラエルに衝撃の一敗を喫した。

韓国は6日、ソウル高尺(コチョク)スカイドームで行われたWBC1次ラウンドで延長10回の接戦の末、イスラエルに1-2で敗れた。8人の投手を投入する総力戦を見せたが、決定的な瞬間に打線が沈黙した。韓国打線はこの日、7安打だった。1回から9回まで毎回走者を出しながらも1得点に終わった。この日、イスラエルに敗れた韓国は7日のオランダと9日の台湾戦にすべて勝ってこそ2次ラウンドに進出できる。

4年前の悪夢がよみがえった。初めてホームでWBCを開催した韓国は1万5545人のファンが見守る中で初勝利を狙ったが、打線がつながらず痛い黒星がついた。世界ランキング41位でWBC本大会に初めて出場したイスラエルは開幕戦の番狂わせの主人公になった。

韓国の打者はメジャーで通算124勝をマークしたイスラエル先発ジェイソン・マーキー(39、元シンシナティ)を崩せなかった。マーキーは3イニングを2安打無失点と好投した。マーキーは最高球速が140キロ台で、コースをつく効果的な投球で三振3つを奪った。3回までに45球を投げたマーキーは9日のオランダ戦に向けて早めに降板した。WBCでは投手保護のために30球以上を投げた投手は一日、50球以上を投げた投手は4日以上休まなければならない。

韓国先発の張元準(チャン・ウォンジュン、32、斗山)は9球で1回を終え、好スタートを切った。しかし2回、4番打者フレイマンに四球を与えた後、5番のボレンスタインに二塁打を浴びて無死二、三塁の危機を迎えた。張元準はデッカーを三振に仕留めたが、ラバンウェイ、クリーガーに連続で四球を与えて失点した。張元準は4イニングを2被安打、3四球、5奪三振の1失点でマウンドを降りた。

韓国は0-1とリードをされた5回、許敬民(ホ・ギョンミン)の四球、金宰鎬(キム・ジェホ)の死球で無死一、二塁のチャンスを作った。李容圭(イ・ヨンギュ)がバントに失敗した後、三振を喫したが、徐建昌(ソ・ゴンチャン)がレフト前に安打を放ち、1-1の同点に追いついた。逆転まで可能なチャンスだったが、3番の金泰均(キム・テギュン)、4番の李大浩(イ・デホ)がともに凡退した。6回には孫児葉(ソン・アソプ)と梁義智(ヤン・ウィジ)の安打で一死一、二塁の場面を迎えたが、許敬民が併殺打に倒れてチャンスを逃した。期待された中心打者の金泰均は3打数ノーヒット、李大浩は5打数ノーヒットに終わった。

韓国は7回、8回にそれぞれ二死満塁の危機を迎えたが、なんとか失点の危機を免れた。特に8回には呉昇桓(オ・スンファン)が救援登板し、バーチャムを4球で三振に仕留めた。呉昇桓は9回表にもイスラエル打線に1安打のみ許した。

しかし韓国の運はここまでだった。金寅植(キム・インシク)監督はオランダ戦に備えるために呉昇桓を交代し、林昌勇(イム・チャンヨン)を投入した。林昌勇は国際大会の経験が多いベテランだが、コンディションが良くなかった。結局、延長10回表、二死一、三塁からバーチャムに二塁への内野安打を許し、これが決勝点となった。

韓国は2013WBC当時、初戦でオランダに敗れた後2連勝しても組3位で2次ラウンド進出に失敗した。金寅植監督は「攻撃がうまくいかなかった。残りの試合は総力戦で臨む」と語った。

◆韓国代表の金寅植監督

「呉昇桓は期待した通りにうまく防いだが、8回裏の攻撃で得点できなかったのが敗因だ。投手のコントロールが全般的に良くなかったし、決定的なチャンスで得点できなかった。3、4番打者が振るわなかったのも惜しまれる。オランダ戦は打線を大きく変えない。とにかく選手たちを信じてやる」

◆イスラエル代表のウェインスタイン監督

「投手のピッチングが素晴らしかった。選手たちも勝つことに集中し、勝利をつかむことができた。先発のマーキーが3イニング(無失点)だけ投げたのは第3戦(9日)のオランダ戦に備えるためだった。明日の台湾戦も準備ができている。若い選手たちも良くなっている」

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <WBC>韓国、開幕戦で衝撃の敗戦…きょうオランダ戦「必勝」

    2017.03.07 08:55
    뉴스 메뉴 보기
    韓国代表
    TOP