주요 기사 바로가기

厳しくなった中国税関…韓国人商人のボックスも切り開いて検査(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2017.02.24 09:22
0
20日午後7時ごろ、中国山東省威海へ向かう「ニューゴールデンブリッジ2号」が仁川(インチョン)第2国際旅客ターミナルを出発した。約300人の乗客のほとんどは中国人の商人だ。中国人商人は夜中にボックスに入った化粧品を取り出し、一つずつ包装をはがして集め、ラップで包んだ。プラスチック化粧品の容器は別にまとめた。重さを減らそうとしているのだろうと思ったが、本当の理由は出発14時間後の21日午前9時ごろ、船が威海に到着した後に分かった。

入国審査が始まると、税関の職員4人が一組になって検査を始めた。税関員は「商人体験」をする記者の荷物をチェックした。韓国語でパスポートを要求した税関員はボックスをカッターナイフで切り、旅行用カバンまで開けた。「雪花秀」の化粧品と「クラビア」のカニカマがあふれ出た。化粧品は容器とボックスを別に保管していたため損傷はなかった。パスポートと内容物を隅々まで調べた税関員が行ってもよいというサインを出すと、外に出ることができた。

ある商人は「これまで税関は商人に便法や違法があると思いながらもほとんど触れなかった。しかしTHAAD(高高度ミサイル防衛)問題の後、検査が強化され、商人は苦労している」と話した。

韓国政府のTHAAD体系の導入が既成事実化し、「仁川市(インチョンシ)威海区」と呼ばれた威海が変っている。仁川から400キロ離れた中国の都市の威海は韓国から最も近い港町だ。仁川空港から飛行機に乗れば50分で到着する。威海地域国内総生産(GDP)の40%が貿易から発生し、貿易額の30%を韓国が占める。THAADの影響で中国政府が非関税障壁を高めるほど威海の経済は揺れるしかない。物を売る韓国企業が打撃を受けるのはもちろんだ。

中国政府が活用する代表的な非関税障壁が税関検査の強化のような「遵法規制」だ。これまでは暗黙的に便宜を容認していたが、顔色を変えたのだ。貿易は直撃弾を受けた。中国現地流通業界では、韓国の化粧品の約30%が商人を通じて中国に入ってくると分析している。正式に通関して栄養表示などがある商品とは違い、これら商品は大型マートやデパートでは販売できず、ほとんどが「WeChat」などソーシャルネットワークサービス(SNS)やTmall(天猫)などオンラインモールを通じて販売される。ある国内化粧品会社の代表は「公式的な中国への輸出量はTHAAD後に少し増えた。しかし商人たちが運ぶ量がかなり減ったので実際の輸出量は減っているはず」と述べた。
厳しくなった中国税関…韓国人商人のボックスも切り開いて検査(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    厳しくなった中国税関…韓国人商人のボックスも切り開いて検査(1)

    2017.02.24 09:22
    뉴스 메뉴 보기
    21日、中国山東省威海国際旅客ターミナルで中国人商人が荷物を引いて出てきている。
    TOP