주요 기사 바로가기

<WBC>韓国代表、日本で評価試合2連敗…横浜に2-3逆転負け

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2017.02.23 08:50
0
2017ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)韓国代表が日本現地での評価試合で2連敗した。韓国代表は22日、沖縄宜野湾球場で行われた横浜DeNAとの評価試合で、2-1とリードした8回裏に2失点し、2-3で逆転負けした。

19日の読売戦と比べると安定した試合を見せた。韓国代表は1回裏、先発の梁ヒョン種(ヤン・ヒョンジョン)が連続安打を浴びて先制点を奪われた。しかし2回表、梁義智(ヤン・ウィジ)が右越2ランを放ち、2-1と逆転に成功した。その後に登板した禹奎ミン(ウ・ギュミン、2イニング)-李賢承(イ・ヒョンスン、1イニング)-張視ファン(チャン・シファン、1イニング)-朴煕洙(パク・ヒス、1イニング)は4安打、無失点に抑えた。

しかし8回裏に登板した李大恩(イ・デウン)が一死二、三塁から横浜の8番打者・嶺井に2点タイムリーを浴び、逆転を許した。韓国代表は9回表、代打の金河成(キム・ハソン、左飛)-朴健祐(パク・ゴンウ、三振)-李大浩(イ・デホ、三振)を順に出したが、三者凡退だった。9回裏に登板した沈昌ミン(シム・チャンミン、サムスン)は1イニングを三者凡退で処理し、2試合で2イニング1/3を無失点と好投している。

韓国代表の金寅植(キム・インシク)監督は「19日の読売戦に比べて打撃感覚が上がってきている。崔炯宇(チェ・ヒョンウ)、金泰均(キム・テギュン)など中心打者もうまくボールをとらえていた」とし「10日間の日本キャンプで少しずつ成果が出ている。帰国してからキューバ、豪州と評価試合をし、確実に準備する」と述べた。

韓国代表は23日に帰国し、翌日からWBC1次ラウンドが行われるソウル高尺(コチョク)スカイドームで適応練習に入る。25、26日にはキューバと、28日には豪州と評価試合を行う。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <WBC>韓国代表、日本で評価試合2連敗…横浜に2-3逆転負け

    2017.02.23 08:50
    뉴스 메뉴 보기
    韓国代表の梁義智(ヤン・ウィジ)。読売との練習試合で。
    TOP