주요 기사 바로가기

米国の北朝鮮先制打撃シナリオは?(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2017.02.21 16:36
0
トランプ政権の発足後、米国では北朝鮮に対する攻撃シナリオが次々と登場している。北朝鮮潜水艦に対する撃沈からステルス爆撃機によるじゅうたん爆撃にいたるまで、局地戦と全面戦争の関連シナリオが登場している。北朝鮮によるニューヨークやワシントンなど米本土に対する核ミサイル攻撃を防ぐには、最後の手段である軍事力を動員した先制打撃が必要だという米国内の危機感が高まったのが背景だ。しかし軍事的攻撃は戦争拡大につながるという懸念のため実行が容易でないオプションだ。

(1)主席宮打撃の脅威与える核爆撃機の展開

軍事的攻撃に先立ち高強度圧力措置として出ているのが、平壌(ピョンヤン)の主席宮(錦繍山太陽宮殿)をはじめ金正恩(キム・ジョンウン)労働党委員長の隠れ場所を精密打撃できる戦略爆撃機を韓半島(朝鮮半島)に定例的に展開するというものだ。コリー・ガードナー上院議員、リチャード・ブッシュ・ブルッキングス研究所研究員らがこれを主張した。戦略爆撃機の定期的出撃論は、北朝鮮が核実験や弾道ミサイル試験発射など大型挑発をする時に登場した。ヤン・ウク韓国安保フォーラム研究委員は「精密打撃が可能な核爆撃機が飛べば北は対応態勢を強化しなければならず、金正恩委員長の動きも制限される」とし「北は準備のために軍事的資源を消費しなければならず、その費用と脅威による軍事的疲労も強まるだろう」と説明した。

(2)北朝鮮のICBM迎撃

ウィリアム・ペリー元国防長官が先月10日、「北朝鮮のICBMを防ぐ方法はこれを迎撃することだ」と明らかにした。北朝鮮は最近、人工衛星打ち上げではなくICBMの発射をすると予告した。自ら攻撃武器と認めたことで、これを迎撃する名分を提供した。12日に北朝鮮が弾道ミサイルを発射した際、東海(トンヘ、日本名・日本海)にはミサイル迎撃能力を備えた米軍の駆逐艦2隻が待機中だったと、CNNは伝えた。北朝鮮のICBM迎撃に成功する場合、米国のミサイル防衛(MD)体系の実戦能力が確認される効果も得る。しかしもし迎撃に失敗すれば国際的な恥となり、韓国に配備する高高度ミサイル防衛(THAAD)体系の必要性までも揺れる。マサチューセッツ工科大(MIT)のフォーストール教授は昨年10月、ワシントン特派員団の懇談会で、米国のMD体系は深刻な限界があると主張した。北朝鮮のミサイルのように技術力が落ちる場合、ミサイルが風車のように回転しながら落下するが、この場合、弾頭に命中する迎撃率が著しく低下すると説明した。

(3)空中レーザー迎撃

テッド・リュー下院議員は7日の下院外交委員会で「空中発射レーザーを活用する案も検討するべきだ。費用がかかるが性能要求条件(迎撃成功率)を高めればよい」とし「費用のために中断されたが再び推進しなければいけない」と主張した。米国防総省はボーイング社の航空機に高出力レーザーを搭載し、ミサイルを空中で迎撃する空中発射レーザー(ABL)計画を推進した。しかしリュー議員が述べたように費用がかかるため2014年に中断した。
米国の北朝鮮先制打撃シナリオは?(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP