주요 기사 바로가기

<金正男毒殺>金正恩の異母兄・金正男氏、殺害される

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2017.02.15 07:47
0
北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)労働党委員長の異母兄・金正男(キム・ジョンナム)氏(46)がマレーシアで13日午前(現地時間)に殺害されたと、複数の情報消息筋が14日伝えた。匿名を求めた情報消息筋は「マレーシアを訪問した金正男氏が昨日(13日)、クアラルンプール空港で北朝鮮の女と推定される2人に毒針を刺されて死亡した」と話した。殺害される前、金正男氏は女に誘導されてリラックスした姿勢で横になったまま目を覆われ、この女が金正男氏の腕に毒針を刺したと、消息筋は伝えた。金正男氏は毒針を刺された後、数歩歩いて倒れ、死亡したという。別の対北朝鮮消息筋は「2人の女が犯行直後にタクシーに乗って逃走し、マレーシア警察当局が2人の所在を追跡中」と述べた。

北朝鮮情報を報道するNKニュースは「マレーシアのムハンマド・サレ犯罪捜査局長がある地域メディアに『金正男氏が月曜日(13日)午前、飛行機に搭乗する前に死亡した』と述べた」と報じた。サレ局長は「金正男氏が殺害されたという証拠は発見されなかった。警察は現在、金正男氏の死亡を突然死と分類していて、死因を判断するには検視報告書を待たなければいけない」と説明したと、NKニュースは伝えた。

今回の事件の捜査を担当しているアブドル・アジズ・アリ・セパン警察署長は中央日報との電話で、「重要な人物が殺害されたため関連国と緊密に協力しながら捜査する」と述べた。

金正男氏がなぜマレーシアに行ったかは確認されていない。しかし韓国情報当局は金正男氏の内縁の女性がマレーシアにいて、よく訪問していたと把握している。金正男氏は2014年1月、クアラルンプールにある韓国料理店で目撃されたりもした。

対北朝鮮消息筋は「李明博(イ・ミョンバク)政権当時に韓国亡命を打診したことがある金正男氏が最近また亡命を打診し、北側がこれを防ごうとして殺害したという話がある」とし「マレーシアは北の要人の亡命ルートの一つ」と主張した。

金正男氏は一時、叔父・張成沢(チャン・ソンテク)氏の保護で金正日総書記の後継者に挙がったが、2008年に金正恩委員長が後継者に指定され、中国・マカオ、東南アジア一帯を転々としてきた。外交部の関係者は「中国はその間、金正男氏に友好的だった。北朝鮮の犯行であることが明らかになれば、朝中関係はさらに悪化することも考えられる」と述べた。

金正男氏が殺害された後、マレーシア外交公館を通じてこの事実の報告を受けた黄教安(ファン・ギョアン)大統領権限代行は直ちに国家安全保障会議(NSC)を招集したと、政府当局者は伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <金正男毒殺>金正恩の異母兄・金正男氏、殺害される

    2017.02.15 07:47
    뉴스 메뉴 보기
    2010年6月4日、北朝鮮の金正日(キム・ジョンイル)総書記(国防委員長)の長男・金正男(キム・ジョンナム)氏がマカオのアルティラホテル10階のレストラン前で中央日報のインタビューに応じた。この日、金正男氏は息子キム・ハンソル君(当時15歳)に関する質問に「家族のプライバシーは守ってほしい」と話すなど真摯にインタビューに応じた。別れる時は笑顔であいさつした。金正男氏は金正日総書記の2人目の夫人成ヘ琳(ソン・ヘリム)氏(2002年死亡)の息子。
    TOP