주요 기사 바로가기

俳優コン・ユの“トッケビの剣”、中国の限韓令を突き抜けた

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2017.02.09 09:04
0
中国政府も“トッケビ(鬼)”を遮断することはできなかった。ドラマ『鬼<トッケビ>』(原題、以下『トッケビ』)のことだ。高高度ミサイル防衛(THAAD)体系に対する報復措置として韓流コンテンツの公式流通を禁止した限韓令にもかかわらず、中国で『トッケビ』の人気は爆発的だ。韓国では放映終了から2週間が経過したが、中国での熱気は高まるばかりだ。政治権力がネジをきつく締めても文化の流れを遮ることはできないという事実が改めて立証されたといえる。

驚くべき点は、トッケビブームが合法的なルートではなく「裏のルート」を通じて広がったということだ。限韓令でテレビの電波に乗ることができず、4億7000万人の会員を擁する動画サイトIQYIY(愛奇芸)にも紹介されることはなかった。代わりに韓国での放映が終わるとすぐにネットユーザーが字幕をつけて動画共有サイトなどに掲載したところ、口コミを通じて一瞬のうちに広がった。

北京の英語教師の陳雪さん(32)は「初めは職場の仲間が教えてくれたサイトURLを通じて『トッケビ』を見たが、数日後にはサイトが閉鎖されていた」とし「ドラマを続けて見るために、うわさをたよりに別のサイトを探して結局最後まで全話見た」と話した。

『トッケビ』の流通ルートが違法なので、視聴率やクリック数のような公式統計がない。北京の銀行員の崔泰燕さんをはじめ、多くのファンは「正式に公開放映されたら『星から来たあなた』や『太陽の末裔』をはるかに越えていたと思う」と口をそろえる。昨年、空前のヒットを記録した『太陽の末裔』はIQYIYを通じて韓国の放送時間と同時にアップロードされて45億クリック数を記録した。熱心なファンの中には春節連休期間中、『トッケビ』の撮影地まで訪れた人々もいる。中国企業で働く韓国人Pさんは「旧正月連休を終えて出勤してみると、事務室のスタッフ数人が仁川(インチョン)や江陵(カンヌン)まで行ってトッケビの撮影地を見てきたと話していて驚いた」と話した。

主人公コン・ユは「男神」と呼ばれて爆発的な人気を集めている。河南省許昌市の主婦・曽暁麗さん(35)は「コン・ユの魅力に引かれて『トッケビ』を見てみたところ、前まで信じていなかった来世の存在と輪廻説を信じるようになった」とし「コン・ユは世界で最高の俳優」と話した。

中国最大ポータルサイトの百度にコン・ユの名前を入力すると、20万件以上の掲示物がずらりと並ぶ。中国版ツイッターである微博では検索語ランキング1位に入った。だが、コン・ユは中国で公開的な活動をすることはできない。これもまた限韓令のためだ。先立って『星から来たあなた』の主人公キム・スヒョンも、『太陽の末裔』の主人公ソン・ジュンギも、広告モデルやイベント出演で数百億ウォン台の“金の座布団”に座ったこととは雲泥の差だ。

最近、若者の間では「鬼怪(トッケビ)遊び」が流行している。これは主人公のコン・ユが胸に剣が刺さったまま生きていく姿をまねた写真をインターネットに載せることをいう。最初は一般人ファンの間だけに広まっていたが、中国の人気芸能人までがまねするようになった。美男イメージとして広告モデル料が天井知らずのタレント王凱らがコン・ユをまねた認証ショットをSNSに掲載した。主人公コン・ユが劇中で話したセリフもインターネットで流行語のように広がっている。「君と共にしたすべての時間がまぶしかった」「初恋だった」などだ。

トッケビブームは台湾でも同じだ。台湾の聯合報は8日、春節連休期間台湾人が最も多く視聴したドラマが『トッケビ』だったと伝えた。残りのトップ7も韓国ドラマが掌握している。蔡英文総統は7日、「台湾映像産業は韓国・日本に比べて競争力を失われている。国家次元で映像産業を育成する」と強調した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    俳優コン・ユの“トッケビの剣”、中国の限韓令を突き抜けた

    2017.02.09 09:04
    뉴스 메뉴 보기
    ドラマ『鬼<トッケビ>』主人公のコン・ユ
    TOP