주요 기사 바로가기

女優ムン・グニョン、腕に痛み訴え2回手術…「退院は未定」

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2017.02.06 07:03
0
女優のムン・グニョンが急性コンパートメント症候群で緊急手術を受けた。4日には追加手術も受けていた。

ムン・グニョンの所属事務所ナムアクターズ側は5日、韓国日刊スポーツの取材に対し、「ムン・グニョンが昨日(4日)追加手術を受けた。現在、安静にして経過を見守っている」とし「手術してちょうど一日が過ぎたが、今後の計画はすべて未定だ。いつまで入院をするべきか、追加手術がまた必要なのか、退院が可能なのかどうかは分からない」と伝えた。

ムン・グニョンは1日、右腕に突然痛みを訴えて病院を訪れ、「急性コンパートメント症候群」という診断を受けてすぐに応急手術を受けた。当時、所属事務所側は公式立場を発表して「手術の経過を見守り、追加手術を待っている。今後一、二回ほど手術が追加で必要だとみている状況だ」と明らかにした。

一度追加手術を受けたムン・グニョンは回復に専念して休息を取る予定だ。

一方、今回の応急手術でムン・グニョンは舞台『ロミオとジュリエット』の地方公演をやむを得ず中止した。公演の日程もムン・グニョンの今後の経過によって調整される見通しだ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    女優ムン・グニョン、腕に痛み訴え2回手術…「退院は未定」

    2017.02.06 07:03
    뉴스 메뉴 보기
    女優ムン・グニョン
    TOP