주요 기사 바로가기

2NE1のラストソング『Goodbye』、米ビルボード「ワールドデジタルソングセールス」1位に

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2017.02.01 14:33
0
2NE1(トゥエニィワン)の最後のシングルがビルボードチャートにランクインした。

1日、所属事務所のYGエンターテインメントは、「2NE1の名前で発表された最後の歌『Goodbye』がビルボードの『ワールドデジタルソングセールス』チャートで首位にランクインした」と伝えた。

音源公開直後、これといった放送活動やプロモーションもなく、香港・シンガポール・台湾・タイ・ベトナム・マレーシア・カンボジア・フィリピンなどiTunes8カ国で首位を席巻し、世界のファンからの熱い関心を実感させた。

 
2NE1は2009年のデビュー以来、『Fire』『I Don’t Care』『I AM THE BEST』など、新曲をリリースするたびにヒットを放ち音楽ファンからの人気を集めた。メンバーのCLが作詞に参加した『Goodbye』は、静かに別れを受け入れようとするまっすぐな気持ちが表現されている。

一方、韓国ガールズグループとして初めてワールドツアーを2回開催した2NE1は、2014年に発表したアルバム『CRUSH』が米国「ビルボード200」で61位を記録するなど、注目するべき成績を収めてワールドスターとしてその真価を発揮していた。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    2NE1のラストソング『Goodbye』、米ビルボード「ワールドデジタルソングセールス」1位に

    2017.02.01 14:33
    뉴스 메뉴 보기
    2NE1
    TOP