주요 기사 바로가기

デキ婚女性、第2子を出産する確率高い=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2017.01.31 14:52
0
いわゆる「デキ婚」で第1子を産んだ女性は第2子を出産する確率はどれくらいだろうか。その結果は、この女性がすぐに結婚したか、あるいは堕胎したかによって大きく変わる。妊娠後に結婚をして子供を産んだ女性は、結婚後に妊娠した女性よりも第2子を持つ確率が40%も高いという。半面、婚前妊娠をしても、出産ではなく堕胎を選んだ女性は結婚後に妊娠した女性と比較して第2子を産む確率が48%低かった。

このような事実は、高麗(コリョ)大労働大学院のキム・ソンヒ博士が「2006年全国出産力および家族保健・福祉実態調査」(韓国保健社会研究院)を基に妊娠を経験した30歳以上の女性6290人を分析して、30日に公開した報告書で確認された。韓国において婚前妊娠と第2子妊娠・出産間の相関関係を調べた研究はこれが初めてだ。

キム博士は婚前妊娠後、すぐに結婚した女性の第2子出産率が高かった今回の結果について、「該当の女性は『配偶者探し』に時間をあまり使わないので初産・結婚年齢が低い」と説明した。周りの女性よりも相対的に早く結婚して子供も早く産んだので第2子の出産も考えやすい環境があるということだ。

半面、婚前妊娠後に堕胎した女性が第2子を持つ確率が低いことに関しては、さまざまなな要因が影響を及ぼしていることが分かった。堕胎を選んだ女性は相対的に堕胎を繰り返す可能性が高いうえ晩婚化の傾向があるという。また、結婚せずに未婚の母として一人で子育てをすることに対して負担に思う側面もある。韓国で堕胎手術は原則的に違法だが、毎年表面に現れていない手術件数だけで17万件に上るものと推定されている。昨年の出生児(推定値40~41万人)の半数に近い。キム博士は「今回の研究は、初めの婚前妊娠の結果が次の妊娠と出産に異なる影響を及ぼしている点を示している」と説明した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP