주요 기사 바로가기

「限韓令」も防げない俳優コン・ユのシンドローム…中国微博で検索1位

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2017.01.24 14:51
0
最近、韓国で放映終了したtvNドラマ『鬼(トッケビ)』(原題)がコンテンツ輸出もしていない中国で人気を博している。

『鬼(トッケビ)』は中国で公式に禁止となっているコンテンツだ。だが、「海賊版」が出回り、俳優コン・ユの人気もともに跳ね上がっている。それと同時に、コン・ユは一時、微博(ウェイボー、中国版ツイッター)で検索1位を占めた。

23日、コン・ユの所属事務所「MANAGEMENT SOOP」は「コン・ユが22日から現在まで微博のリアルタイム検索で1位を占めている」と明らかにした。

事務所は「中国の韓流コンテンツ禁止令によって韓流が停滞しているにもかかわらず、コン・ユはそれさえ乗り越えて中華圏のファンの関心を一身に受けている」と付け加えた。

『鬼(トッケビ)』は、中国には輸出することができないにもかかわらず、放映開始と同時に中国で海賊版が出回って人気を独占した。

中華圏のスターが自身のSNSに『鬼(トッケビ)』のファンであることを明らかにしたこともある。特に、中華圏で活動している女優スー・チー、台湾の青春スター『私の少女時代-OUR TIMES-』の女優宋芸樺などが自身の微博に写真やドラマのファンであることを示すなど、中華圏内で巻き起こった『鬼(トッケビ)』のブームを実感させた。また、台湾で歌手としてデビューしたが、MCとして有名になった徐熙媛は、「男神」1位としてコン・ユを選んだ。また、中華圏トップの女性歌手の蔡依林は20日、800万人が視聴した微博生放送の中で『鬼(トッケビ)』の最終回を待っているとし、共演したい俳優としてコン・ユをあげるなど、中華圏で巻き起こっているコン・ユの人気を確認させた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「限韓令」も防げない俳優コン・ユのシンドローム…中国微博で検索1位

    2017.01.24 14:51
    뉴스 메뉴 보기
    ドラマ『鬼(トッケビ)』に出演した俳優コン・ユ。
    TOP