주요 기사 바로가기

【コラム】IQ高い政権の忘却=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2017.01.23 17:16
0
台湾の史上最年少閣僚、唐鳳は天才プログラマーだ。36歳になった彼の職務はデジタル総括政務委員(閣僚級)。中学校を中退した後、独学でスタートアップを立ち上げ、シリコンバレーにスカウトされてアップル社のコンサルタントを務め、24歳の時、女性になるために性転換手術を受けた彼の破格の人生に世界の注目が集まっている。もう一つがある。彼のIQ(知能指数)が180ということだ。世界でどの政府の閣僚よりも高いだろう。台湾政府は昨年、彼を任命して「特別な役割を果たすだろう」とした。4カ月しか経っていないので、天才の役割が期待されている。

一昨日、米国で第45代大統領として就任したドナルド・トランプ氏も「頭」を取り上げた。「われわれには賢い人が多い。歴史上、閣僚のIQが最も高い政権」と自慢した。億万長者(Gazillionaires)やゴールドマン・サックス(Goldman Sachs)、将軍(Generals)出身を象徴する「3G」内閣に「IQ」をソースとしてかけたようなものだ。21人からなる閣僚候補のうち誰を指しているのか、IQで「3G」のハンディキャップを克服するということなのか、あやふやだ。米ニューヨークタイムズ紙の指摘のように、過去内閣のIQを比較してみることもできないのですっきりしない。

韓国の閣僚も「頭」に限っては劣らないだろう。実際にIQが分からないので単に出身校だけで考えてみよう。過去国務委員の70%程度がいわゆる「SKY大学〔ソウル大学校、高麗(コリョ)大学、延世(ヨンセ)大学〕」の出身というので、勉強だけはできていたはずだ。朴槿恵(パク・クネ)政府でも「頭」の良い人は溢れている。シンデレラの幸福を謳歌していたところ、ブラックリストに足を引っ張られ拘束された趙允旋(チョ・ユンソン)前文化体育観光部長官をはじめ、国務委員の半分がソウル大学出身だ。柳一鎬(ユ・イルホ)副首相、李俊植(イ・ジュンシク)社会副首相、崔陽熙(チェ・ヤンヒ)未来創造科学部長官、尹炳世(ユン・ビョンセ)外交部長官は秀才の集合所と呼ばれる京畿(キョンギ)高校を卒業した。「頭」では誰にも負けなかっただろう。

ところで、勉強の頭とリーダーシップの頭は別物のようだ。IQが高いと言われる人事が導いていきた国政の姿を見れば分かる。大統領の夢寐を長官らの頭が代わるどころか、ガリ勉のように書き写すことに没頭していた。その間、国政がもてあそばれた。経済は冷え込み、歴史教科書の葛藤は依然として解消されず、第4次産業革命の対策は粗末で、外交は窮地に立たされている。固まってしまった自身の頭や目でしか世の中を見ていなかったため、不通に陥り、民心を蔑ろにした、見掛け倒しの政権の今日を迎えている。政策は頭でなく心で作るものだ。それでこそ、国民の心をつかんでともに歩んでいけるが、その基本を忘却した。暖かい心はなく、IQだけが高い政権は国民を傷つけるだけだ。

ヤン・ヨンユ 論説委員

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP