주요 기사 바로가기

この冬いちばんの寒さの中ソウルで12回目のろうそく集会

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2017.01.15 10:57
0
この冬最も強力な寒波が韓半島(朝鮮半島)を襲った中で14日も朴槿恵(パク・クネ)大統領の即時退陣と早期弾劾を促す週末ろうそく集会がソウル都心で開かれた。

朴槿恵政権退陣非常国民行動はこの日午後、光化門(クァンファムン)広場で朴大統領の即時退陣と早期弾劾などを求める12回目のろうそく集会を開いた。この日光化門広場でのろうそく集会に参加した市民はいわゆる「文化芸術界ブラックリスト」作成の主犯とされる金淇春(キム・ギチュン)元大統領秘書室長と禹柄宇(ウ・ビョンウ)元大統領府民情首席秘書官を逮捕し、崔順実(チェ・スンシル)被告に支援金を渡したという疑惑を受けているサムスン電子の李在鎔(イ・ジェヨン)副会長らの逮捕を促した。

この日の光化門広場には「共に民主党」のソウル市支部所属党員らをはじめ、市民社会の各界各層が集会に参加した。この日の公式行事発言では大企業の商圏進出で被害を受けた中小商人、現代自動車非正規職労働者らが参加した。この日の集会には主催側推定で10万人の市民が集まった。集会に参加した市民は「朴槿恵を拘束せよ」「犯罪者を監獄へ」などのスローガンを叫び朴大統領の即時退陣を主張した。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP