주요 기사 바로가기

<野球>李大浩、今年はどの国のどのチーム?

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2017.01.13 14:37
0
メジャーリーグ(MLB)のシアトル・マリナーズと決別した李大浩(イ・デホ、35)の次の行き先はどこか。米国・日本に行く可能性もあるが、韓国プロ野球に復帰する可能性も提起されている。昨年メジャーにデビューした李大浩は104試合で打率2割5分3厘、14本塁打、49打点をマークした。シーズン初めは強烈な打撃を見せたが、夏以降はけがのため不振が続いた。アダム・リンド(33)と一塁手に交代で入り、主力メンバーにはなれなかった。自由契約選手(FA)になった李大浩は「すべての可能性を開いて新しいチームを探す」と話した。

韓日米3カ国のプロ野球を経験した李大浩の選択肢は3つある。しかし最も可能性が高かった日本復帰は事実上難しくなった。昨年末、阪神・楽天・千葉ロッテなどが李大浩に関心を見せたが、李大浩側は契約に消極的だったことが分かった。李大浩は2015年、日本ソフトバンクで年俸5億円を受け、同年の日本シリーズ最優秀選手に選ばれるなど、日本最高の打者と認められた。しかし日本の球団は李大浩の心を引くほどの契約条件を提示できなかった。

メジャーとの契約も容易ではない。ソン・ジェウ解説委員は「李大浩を主力で起用するメジャーチームを探すのは難しいだろう。年俸は200万ドル以上受けるかもしれないが、フルタイム出場は厳しい」と話した。昨年、李大浩はシアトルと基本年俸100万ドルで契約した。激しい競争の末にメジャーで生き残った李大浩はボーナスを加えて総額400万ドルを受けた。しかし李大浩はシアトルとの契約が終わった後、「良い待遇を受けたい。何よりもフルタイム選手としてプレーしたい」と話した。

日本と米国の球団は2月のスプリングキャンプ前に主力選手との契約を終えている。時間が経過するにつれ、李大浩は古巣のロッテに復帰する可能性が高まっている。昨年8位だったロッテは「先月、李大浩と会ったが、契約のための公式交渉ではなかった」と明らかにした。ロッテのイ・ユンウォン団長は「李大浩が戻ってくればチームに大きな力になる。ずっと注目している。なんとかして接触する考え」と明らかにした。李大浩は2001年にロッテに入団し、11年間に225本塁打をマークした。

李大浩はサイパンで自主トレ中だ。李大浩のエージェントのモンティススポーツマネジメントグループ側は「(複数の球団と)良い条件で交渉している。近いうちに良い知らせができるだろう」と伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP