주요 기사 바로가기

米国防長官候補「在韓米軍撤収計画ない、韓日と緊密に協力」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2017.01.13 09:25
0
米国防長官候補のジェームズ・マティス氏は12日(現地時間)、上院軍事委員会の長官承認公聴会で北朝鮮の核・ミサイル開発に対応して「米国は韓国・日本と緊密に協力するべき」と述べ、ミサイル防衛システムの強化を予告した。

「狂犬(Mad Dog)」というニックネームを持つマティス氏は「ミサイル防衛能力の強化は本土防御および海外駐留米軍を保護し、同盟が独自の防御能力を強化することを助ける」と説明し「これは米国の安保とアジア・太平洋地域の同盟の利益を守る」と断言した。また、在韓・在日米軍に関し「米軍撤収計画はないと見ている」とし「米軍が抜ける場合、米国の(同盟守護)義務を守って米国の利益を防御するうえで困難がある」と述べた。マティス氏は「国際同盟と安保協力がをなければいけない」とし「強い同盟とともにする国は繁栄し、同盟がない国は弱くなる」と強調した。

米軍撤収に否定的であり同盟を強調するマティス氏の発言は、韓国・日本と北大西洋条約機構(NATO)を狙って防衛費分担金引き上げなどを要求して同盟弱化論を招いたトランプ氏とは隔たりがある。トランプ氏は大統領選挙で同盟の「安保無賃乗車論」を主張し、在韓米軍撤収も検討すると述べた。マティス氏は「予算に原則を置いて首脳部に責任感を抱かせ、企業式改革を推進する」と話した。

トランプ政権の外交指令塔となる国務長官候補のレックス・ティラーソン氏は11日、北朝鮮を敵(adversary)と規定した。中国に対してはセカンダリーボイコットを適用する可能性があると公開し、中国たたきを予告した。これは中国には力の外交で、北朝鮮には圧力で対応することを予告する。

ティラーソン氏は上院外交委員会の公聴会で「イラン・北朝鮮のような敵は国際規範に従うことを拒否し、世界に重大な脅威」と断言した。中国に関しては「国連の対北朝鮮制裁に従わなければ米国は中国を強制的に従わせる(compel)措置を検討するのが適切だ」と述べた。続いて「制裁に穴があれば措置が必要」とし、北朝鮮と取引する中国企業・銀行を制裁するセカンダリーボイコットを導入する可能性があることを伝えた。ティラーソン氏は「中国は北朝鮮の輸出・輸入の90%を占める」とし「中国に対する新しい接近法が必要」と強調した。新しい接近法は「中国が(対北朝鮮圧力で)過去にしたことを越えるように」というのが目標だ。

ティラーソン氏は中国に対して強い不信感を表した。「中国は信頼できるパートナーではない」「対北朝鮮圧力の空約束をこれ以上容認できない」「自らした合意を守るよう責任を問うべき」と発言した。ティラーソン氏は中国の南シナ海領海化を対しても「米国は明確な信号を送る」とし「人工島建設を中断しろということ、島への接近は認められないということ」と明らかにした。

ティラーソン氏の返答は、北朝鮮が大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射実験を強行する場合、トランプ政権が北朝鮮と中国に向けて強硬行動に出る可能性を表している。ティラーソン氏は公聴会で「今日の米国の問題は何かをすると話すだけで力を行使しないこと」と数回明らかにした。特に知韓派のコリー・ガードナー議員が「米国は外交と軍事力のすべてを(同盟守護に)動員するという約束に対する疑いを同盟国に残してはいけない」と述べると、ティラーソン氏は「外交は軍事力の脅威によって後押しされなければ非効率的」と断言した。

ティラーソン氏は正統保守に近いという評価も出ている。ティラーソン氏は対北朝鮮制裁について「同盟の韓国・日本と全面的に連携するのが出発点」とし、3カ国の連携を強調した。環太平洋経済連携協定(TPP)には「反対しない」と述べた。韓日の核武装についても「誰も地球上に核兵器が増えることを支持しない」と反対した。

「ポーカーフェイス」のティラーソン氏は公聴会で上院議員の追及に押されることはなかった。民主党のティム・ケイン議員が「私の質問に答える内容がないのか、返答を拒否するのか」と怒りを表すと、「両方とも一定ずつ」と返した。マルコ・ルビオ議員が「プーチン大統領は戦犯か」と突然尋ねると、「その言葉は使用しない」と一蹴した。ワシントンポストは心理的な動揺と緊張を表さないティラーソン氏について「彼のバリトンボイスは(追及にも)全く揺れなかった」と伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP