주요 기사 바로가기

トランプ氏、当選後初の記者会見で日本2回言及…韓国はなく

ⓒ 中央日報日本語版2017.01.13 06:13
0
ドナルド・トランプ次期米大統領が当選後初めて開いた記者会見で日本について2回言及した。

12日、トランプ氏は記者会見で「中国、日本、メキシコとの貿易と、貿易不均衡で、毎年数千億ドルを失っている。われわれは、もはや良い取引をしていない」と批判した後、「ロシア、中国、日本、メキシコ、すべての国が、過去の政権下より、はるかにアメリカに敬意を払うようになる」と明らかにした。

これについて菅義偉官房長官は同日、記者会見を開き、トランプ氏の会見について「しっかり分析している」と伝えた。貿易不均衡発言に対しては「活発な貿易投資は日米経済関係の活力の源泉だ」とし「日米経済関係のさらなる発展、深化を図っていく取り組みを進めていくことは、どなたが(米大統領)になっても同じだ」と指摘した。

一方、トランプ氏は今回の記者会見で韓国については言及しなかった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP