주요 기사 바로가기

【社説】AIが率いる第4次産業革命、主導しなければ遅れを取る=韓国(1)

ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版2017.01.08 13:12
0
2017年は人工知能(AI)の大転換期になる見通しだ。新年早々に聞かれるニュースから尋常ではない。グーグルディープマインドのAI囲碁プログラム「アルファ碁」は最近韓日中3カ国のランキング1位である朴廷桓(パク・ジョンファン)、井山裕太、柯潔を含む世界トップランカーに60戦全勝をおさめた。昨年春にプロ棋士のイ・セドルを抑えてから進化を繰り返した結果だ。

AIはディープラーニング(深層学習)能力を基に時間が過ぎるほどさらにスマートになる特性がある。このためAIが率いる「転換時代」は驚異的な速度で広範囲な分野に深みある変化を引き出す見通しだ。すでにグーグル、アップル、IBMなどAIを先導するグローバルIT企業は先を争って驚くべき技術を出している。5日から米ラスベガスで開かれている今年の消費者家電見本市(CES)はAIとロボットが率いる時代変化の「ショーケース」だ。昨年は自動運転技術がブームとなるかと思ったら今年はこれを大きく跳び越え、自動車が人間と交感しモノのインターネット(IoT)と連結されるコネクテッドカー時代へと疾走している。生体認識システムでドライバーの表情と声、心拍と血圧を把握して安全と利便を図るトヨタのコンセプトカー「愛i」で見るように、いまやAIと自動運転車分野の競争は技術を超え感性分野に境界を拡張している。

マイクロソフトのAIソーシャルチャットボット「Zo」は人間の感情とコンディションを把握して必要な助言と日程管理サービスを提供する。グーグルが昨年11月に出したAI翻訳サービスはビッグデータを活用したディープラーニングにより文章の流れと脈絡だけでなくニュアンスまで把握し、「ハロー」を「こんにちは」と「もしもし」に区分できるほど進化した。アマゾンをはじめとする電子商取引はすでに顧客の関心事や意向を把握して商品・サービスを推薦するAIが主導する。

AIはグローバル産業地図まで変えている。人件費を抑えるため1993年以降に中国やベトナムなどに工場を移したアディダスは24年ぶりに今年ドイツと米国で運動靴生産を再開する。ドイツのアンスバッハと米アトランタに3Dプリンティングとロボットを活用した「スピードファクトリー」を建設し、160人の従業員で年間50万足の靴を生産することになる。ドイツ・アンベルクにあるシーメンスの「スマートファクトリー」はビッグデータを基に工程の75%をロボットが稼動するが、不良率は0.001%水準だ。(中央SUNDAY第513号)
【社説】AIが率いる第4次産業革命、主導しなければ遅れを取る=韓国(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP