주요 기사 바로가기

リッパート駐韓米国大使、告別記者会見を突然延期…「緊急状況が発生」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2017.01.06 14:35
0
今日(5日)予定されたマーク・リッパート駐韓米国大使の告別記者会見が延期された。大使館側は記者会見予定時間の1時間ほど前、「急な事情で会見を延期する」とし「緊急状況が発生した」と公示した。在韓米国大使館側は4日、「5日午前11時に大使官邸で送別記者会見をする」と公示していた。

在韓米国大使館側は記者団に対し、「大使の関心を要求することが発生し、行事を予定通りに進めることができなかった」と伝えた。しかし大使館側は「緊急状況」に関する具体的な発言は避けた。

記者会見が突然延期になった理由をめぐり、トランプ次期大統領のためではないかという分析が出ている。

最近までリッパート大使は離任レセプションなど帰国の準備を進めてきたと伝えられているが、まだトランプ氏の政権移行チームは次期駐韓大使の人選に着手していない状態だ。このため本国がリッパート大使の告別記者会見を延期させた可能性があるということだ。

一部では、「懇談会」形式ではなく「記者会見」を計画しただけにリッパート大使側が特定の懸案をめぐり立場を明らかにしようとしたが、この過程でトランプ当選者側がブレーキをかけたのではという見方もある。これに先立ちリッパート大使は米大統領選挙の直後、外交部担当記者団と懇談会を予定していたが、前日に延期したことがあった。

一方、リッパート大使が予定通り今月末に離任するという声もある。ただ、まだ後任が決まっていないだけに、マーク・ナッパー副大使が職務代行を引き受ける可能性があるということだ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    リッパート駐韓米国大使、告別記者会見を突然延期…「緊急状況が発生」

    2017.01.06 14:35
    뉴스 메뉴 보기
    マーク・リッパート駐韓米国大使
    TOP