주요 기사 바로가기

脱北駐英公使「玄永哲人民武力部長、盗聴に気づかず話して処刑」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.12.20 14:45
0
今年8月に脱北した太永浩(テ・ヨンホ)元駐英公使が19日、「個人の栄達ではなく統一を操り上げることに生涯を捧げる覚悟」とし「今後、身辺に脅威を受けても対外公開活動をする」という考えを明らかにしたと、国会情報委員長の李チョル雨(イ・チョルウ)議員(セヌリ党)が伝えた。

太氏はこの日、国会情報委員長および与野党幹事とソウルで非公開懇談会を開いた。懇談会の後、李議員は「太氏は調査を終え、23日に社会に出てくる予定」と明らかにした。太氏がどこで勤務するかは確認されていない。

太氏は情報委員と会った席で、「娘が来ることができなかったという報道があるが、娘はおらず、息子が2人。2人の息子は韓国で大学に通わせる考え」とし「資金横領など犯罪を犯したため処罰を恐れて逃走したと北が発表したが、全く事実ではない」と強調した。李議員は「太氏は北の謀略に備えて亡命前に大使館内の資金使用現況を精算し、領収書の撮影までした」と伝えた。李議員によると、太氏は「北では職位が上がるほど高位層であるほど監視が厳しくなり、自宅内の盗聴が日常化している」とし「玄永哲(ヒョン・ヨンチョル)人民武力部長が処刑されたのも、家で(盗聴されていることを知らずに)よくない話をしてそうなった」と説明した。しかし太氏は玄人民武力部長がどんな話をしたかは分からないと述べた。太氏は「金正恩(キム・ジョンウン)は若く、統治が数十年間続く場合、子ども、孫の世代まで奴隷のような状況を免れないという絶望感のため、うつ病に苦しむ幹部も多い」とも話したと、李議員は伝えた。

太氏の脱北の背景について、李議員は「(太氏は)長期の海外生活を通じて韓国映画・ドラマなどを見ながら韓国の民主化と発展した姿を感じ、自由民主主義体制に対する憧れが芽生え、かなり以前に脱北を決心した」とし「金正恩の暴圧・恐怖統治の下で奴隷生活をする北の惨憺たる現実を認識し、体制に対する幻滅感が強まり、亡命の決心を固めた」と説明した。また「亡命当時、子どもには『この瞬間からお前たちのために奴隷の連鎖を断ち切る』と話したが、実際に来てみるとどうしてもっと早く勇気を出せなかったのかという思いになった」と語った。

太氏は「民族の希望である統一を早めるのに積極的に努力したい」とし「金正恩が突然死んで、私が何もせずに統一すればどうしようという考えにもなる」と話したと、出席者は伝えた。

太氏は統一について「北にはナンバー2がいないため、金正恩の一人さえどうにかなれば完全に統一する。むしろエリートや側近が(北朝鮮内で)政変がある場合、中国に逃げないか憂慮される」とし「北のエリートが韓国社会に来ても安定した生活ができることを示せるよう(韓国が)法と制度を変えることを望む」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    脱北駐英公使「玄永哲人民武力部長、盗聴に気づかず話して処刑」

    2016.12.20 14:45
    뉴스 메뉴 보기
    太永浩(テ・ヨンホ)元駐英北朝鮮公使
    TOP