주요 기사 바로가기

アップル、なぜソフトバンクファンドに関心?

ⓒ 中央日報日本語版2016.12.13 15:04
0
アップルが1000億ドル(約11兆5000億円)規模と予想されるソフトバンクのテックファンドへの投資を検討している。

12日(現地時間)のウォールストリートジャーナル(WSJ)は関係者の言葉を引用し、アップルが最大10億ドルを投資する案についてソフトバング側と議論したと報じた。同紙は現在の議論レベルは不透明で、決定した内容はないと伝えた。

ソフトバンク・ビジョン・ファンドはソフトバンクが250億ドル、サウジアラビア国富ファンドが450億ドルを出資するなど計1000億ドル規模となる見込みで、来年立ち上げられる予定だ。計画通りに進めば世界最大の技術ファンドとなる。

WSJはアップルが関心を向ける理由について、ソフトバンク・ビジョン・ファンドの基本目標と関係がある分析した。このファンドに出資する場合、モノのインターネット(IoT)、人工知能(AI)などの技術に関する情報が得られると期待している、と伝えた。また、アップルのクック最高経営責任者(CEO)も7月のカンファレンスコールで「我々は絶えず外部で優秀な才能と知的財産権を探そうとする」と話していた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP